2010年10月17日

異能セントワールド 第9回

エイリアンの涙

作・異能兄弟


エイリアンの涙の味と思いつつ < キューサイ青汁 > イッキ飲みする


寝たきりの祖母をひねもす監視するUFO(ユーエフオー)のごとき電灯


木製の宇宙船(スペースシップ)に一人ずつ眠りぼくらは旅立ってゆく


ケータイを操作しながら自転車にまたがる奴は火星へ還れ


アブダクションたくらむように背後から音もなく来る電気自動車


フリスビー追いかける犬の健気さでUFOを追う矢追純一


丸暗記したる『地球の歩き方』だけを頼りに地球を歩く
 

「マケナイデ」ッテダレカガウタウアノホシヲメザソウ「ドンナニハナレテテモ」


酸性雨浴びてふるえる禿頭の小さきグレイ 泣いたら負けよ


宇宙人のミイラのように立ったまま枯れてしまった向日葵の花


ブラウン管テレビに映る研ナオコ知ってる僕らUFO世代



タイトルと選・笹公人

お題「UFO・宇宙人」
posted by www.sasatanka.com at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 異能セントワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

異能セントワールド 第8回

オール1伝説

作・異能兄弟


<1週間おためしセット>のサプリ飲み1週間だけ健康になる


顔半分マスクで隠れていてもすぐ誰だかわかる小沢一郎


ナンバー1よりオンリー1って言われても乙女はカロリー0を求める


<一見様大歓迎>と墓石に刻んで祖父は永久(とわ)に眠れり


つぶやきが140字におさまらぬ男ブツブツ街をさまよう


「独り言つぶやく奴に近づくな!」春一番が少女に告げる

 
一青窈気取りで唄う恋人のブーツが臭うカラオケボックス


吸引をされゆく脂肪一キロの余分にも五分の魂はある


有名になる日のために取っておく1、1、1……の並ぶ通知簿


一卵性双生児の姉妹ねがえりを同時にうてば間延びする夜


喜びは小匙3杯、悲しみは大匙1杯の人生が良い 



タイトルと選・笹公人

お題「一(1)」
posted by www.sasatanka.com at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 異能セントワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

異能セントワールド 第7回

泣いたヒバゴン

作・異能兄弟


白龍の逆鱗のごと夏の陽にきらめく父の無精髭なり


河童への転生を乞い入水せしホームレスの頭(ず)の紙皿哀れ


ヒバゴンは泣いてた黒い雨に濡れ(昭和20年8月のこと) 


ゴミヤシキオオイエネコが棲むという噂の家の老婆死にたり


少年は昭和の原っぱ駆けていたUMAみたいな青洟垂らし


「身の内のUMAを見つけてやるのよ」と少女はリスカ繰り返したり


イエティという名のバンド、足跡を残すことなく消えてしまえり


ひとりでにブランコ揺れて鵺(ぬえ)の啼く声で軋めり満月の夜は



タイトルと選・笹公人

お題「UMA(未確認生物)」
posted by www.sasatanka.com at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 異能セントワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

異能セントワールド 第6回

花屋の女

作・異能兄弟


産道のごとき通路の先にある個室ビデオのしずかな光


悲しみで汚れた心も当店へ、しみ抜き名人稲積収蔵


宇宙母船(マザーシップ)のごとき大型ショッピングモールいつしか飛び去りゆかん


時計屋に電波時計の溜め息は満ちて師走の街おも苦し 


おもちゃ屋の超合金の「超」の字が異様にまぶしかった昭和よ


ほやほやのキノコ雲みたいなシェフ・ハットのせて「洋食 梵(BOMB)」の二代目


大きなる鼻の穴にはミツバチの巣があるという花屋の女


ミッキーとミニーが御影石となり駅ビル地下の墓石屋に笑む


< 店じまいセール > 9年続けたる靴屋ほんまに閉店したり


クリスマス・イルミネーション灯るころ般若心経ながす仏具屋



タイトルと選・笹公人

お題「店屋・店名」
posted by www.sasatanka.com at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 異能セントワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

異能セントワールド 第5回

芳一ポスト

作・異能兄弟


玉手箱あけた太郎が目にしたる<後期高齢者医療被保険者証>

両耳をもがれし芳一立つように落書だらけの郵便ポスト


「かぐや姫」
月姫に山口百恵を例えれば三浦友和は月の裏彦


「座敷わらし」
虐待で死にし連れ子の現れて夜な夜な母の腹を蹴飛ばす


「安珍清姫伝説」
釣鐘に身を潜めいる心地なりMRI検査にまなこ閉じれば


鬼たちが悔しまぎれに喰うために赤茄子<桃太郎>は生まれき



タイトルと選・笹公人

お題「日本昔ばなし」
posted by www.sasatanka.com at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 異能セントワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

異能セントワールド 第4回

夏のターキー

作・異能兄弟


真夏日に「水の江瀧子」と唱えれば冷気充ちきて鳥肌立てり


なまぬるいプールの水に<渡辺のジュースの素>をぶちまけた夜



タイトルと選・笹公人

お題「水」
posted by www.sasatanka.com at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 異能セントワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

異能セントワールド 第3回

仏蘭西でグワシ!

作・異能兄弟


じゃんけんで負けた拳固をほお張ってくやしさ近藤勇級なり 


京駆ける宅配ピザの青年に龍馬殺しの末裔もいて


晩年のヒロヒトが手を振るように菜の花の黄を蝶々は舞えり
 

仏蘭西で「グワシ!」と叫んだ日があったおかっぱ頭の藤田嗣治



タイトルと選・笹公人

お題「日本史上の人名」
posted by www.sasatanka.com at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 異能セントワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

異能セントワールド 第2回

昭和湯の日々

作・異能兄弟


銭湯に石鹸箱を落とす音ひびけば昭和めいてゆく町 


銭湯の暖簾の文字の「ゆ」をほどきマフラーにして君を待つ夜


GEORGIAの横にNOSTALGIAという缶コーヒーが並ぶ「昭和湯」


鈍き音たてて震える「昭和湯」のマッサージ機は時間旅行機


馬鹿でかい木札の下足錠失せて途方に暮れる夢ばかり見る


足の無い幽霊たちに囲まれて足湯にひたすかじかんだ足


頑なにボディーソープを使わない老女の禿びて薄き胸板



タイトルと選・笹公人

お題「湯・風呂・温泉」
posted by www.sasatanka.com at 08:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 異能セントワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

異能セントワールド 第1回

ムー大陸でおっぱっぴー!

作・異能兄弟


公園に電話ボックス舞い降りてひそひそ声の母のはつ恋 


五七五七七でしか喋れない星でささやく破調の愛語


失踪した叔父の部屋から編隊を組んで飛び立つレーザーディスク


「おっぱっぴー!」とムー帝国の国王と民は叫んで沈んでいった


時計屋の電波時計がいっせいに狂いはじめるC・ホイヘンス忌
 

ハイウェイバスで時空を遡上するガキ大将の父がいる地へ


スリッパで叩き潰したごきぶりが織田信長(のぶなが)である事は告げざり



タイトルと選・笹 公人

お題:「SF」
posted by www.sasatanka.com at 16:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 異能セントワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。