2008年11月06日

「日本昔ばなし」優秀作品発表!!

どうも小室哲哉です。

5億円返せ!
あと、サッカーJ1大分トリニータへのスポンサー料の7000万円も払え!

まぁまぁ……って、そうきたか。
どう着地させたらいいかわからなくなったぞ……。

だから、そういう見切り発車のボケはやめてください……。

しかし、「ASAYAN」(古いっ)のナレーターだったら、
この衝撃の事実を何と表現したかね。

どうでもいいよ、そんなこと!

小室さんのファンだっただけに本当に残念です。
まさかあんなテツヤコムロ借金ファクトリーになっていたとは……。

ほんとにファンなのかよ!

悪い人には見えないから、きっと魔が差したんでしょう。
またぜひ復活してほしいと願っています。

ということで、大変遅れてしまって申し訳ありませんが、
「日本昔ばなし」の優秀作品を発表いたします!!


今日のBGM:「BILLIONAIRE / trf」
_________________________


最優秀作品


「かさじぞう」
やってくと決めたの地蔵に笠ぜんぶ捧げてしまうようなあなたと
【てこな】

「昔ばなし」を絡めつつ「想い」もしっかりと込もった、
理想的なお題の処理の仕方です。
満を持しての「最優秀作品」おめでとうございます!


★賞品★

var_20081106012053.jpg


映画「その日のまえに」(大林宣彦・監督)
鑑賞券2枚。

___________________


優秀作品


「さるかに合戦」
もし君が牛糞役でなかったらつきあってない臼の私と
【山口ヤスヨ】

これは青春短歌として秀逸です。
「牛糞役」にインパクトがあります。
体育館での演劇の舞台裏の様子も浮かんできました。
牛糞に滑った猿をめがけて落ちる臼。このタイミングを計る時の緊張感が、いつやら牛糞役の彼への恋心に変わっていったのでしょう。

★賞品★

著者サイン付き
『かたみ歌』朱川湊人・著(新潮文庫)

___________________


佳作


「浦島太郎」
子供らに囲まれている亀助け その親たちに囲まれ泣いた
【わだたかし】

ちょっと川柳ぽいですが、いまの時代をとらえています。


欲張りが悪徳でなくなりてよりすべては「むかしむかし」となりぬ
【ヤマダワタル】

この下の句だと、上の句がいくらでも入れ替え可能になってしまうので、そこがちょっと弱かったです。
でも良い歌です。


砂浜で助けなければゆっくりと歩めましたかもしもし亀よ
【伊藤夏人】

この歌も人生の暗喩として読みたい。


「さるかに合戦」
仇討(あだうち)の昔話は喜んで死刑制度の賛否はどちら
【外神田外堀( ´・ω・)江戸秋葉原狂歌師】

これも川柳ぽい。


玉手箱という名前のデリヘルの指名アルバム全て白黒 
【小田何歩】

俺は好きだけど、結社歌人とかはどう評価するかな。
ま、そういうのを気にせずに、やりたいようにやってください。
応援してます。


「浦島太郎」
9時過ぎて学校に来る乙姫の気怠きうなじにキスマアクあり
(憂太郎)

「9時過ぎて」がよかった。
生々しいリアリティがあります。

__________________

次の「お題」考え中です。
何にしようかな。

ペリカンなんてどうですか?

却下!



よろしく哀愁☆


posted by www.sasatanka.com at 00:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

「水」優秀作品発表!!

遅れてしまって申し訳ありません。





の優秀作品を発表します!!

_______________________

最優秀作品

該当作品なし

今回はこれぞという作品がありませんでした。

________________________

優秀作品


台上に左腕(かいな)をりんと挙げ黒い水着の伍代夏子は
【中村成志】

なんだか迫力のある歌でした。
それぞれの言葉が響き合っていて、夏のプールサイド感を演出しています。
他の三首も良かったです。

発売中の『週刊ポスト』を立ち読みしていたら、五代夏子のグラビアがありましたよ。
黒い水着の写真はありませんでしたが、チェックしてみてください。

★賞品★

著者サイン入り『白い部屋で月の歌を』朱川湊人・著

___________________________

佳作


貝殻を食ってた犬の喉からは荒ぶる水の音が聞こえる 
【蜂谷希一】

謎めいた1首。
おそらく「貝殻を耳にあてると海の音がする」の連想によってできた歌だと思いますが、「海の音」ではなく「水の音」とひねったところなど、引っかかりがあってよかったです。


一ヶ月限りの茶髪を叩く手が塩素まみれの水にはじけて
【ヤマダワタル】


君と僕のがさつく指を磨り合はせ水族館を暗くしてやる
【酒井景二郎】


そうとしか生きられないから苦いんだ少女の桃の天然水は
【岡本雅哉】


赤土の埃舞いたるその先に水島上等兵の敬礼
【佐々一竹】

_________________________


今回はなぜか全員男性でした。

珍しいですね。

では、次の「お題」すぐにいきます。

よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 00:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

「日本史上の人名」優秀作品発表!!

まずは悲しいお知らせから。

7月16日、
カンタくんのお父さんのカッタ君お亡くなりになりました。
人間でいうと40歳。まだお若いのにとても残念です。
山口県に行くことがあったらご挨拶しにいこうと楽しみにしていたのですが・・・。
心からお悔やみ申し上げます。

・・・まぁ父も明光幼稚園の園児さんたちや山口県の人たち、そして全国の人たちから愛されて幸せだったと思いますよ。

映画にもなったし、偉大なお父さんだったね。
カンタくん、早く元気になって、お父さんの意志を継いでがんばってくれよナ!

ハイ!
とても悲しいけれど、
父の分までがんばろうと思います!


カッタ君、ありがとう!




では、「優秀作品」の発表をします。

_________________________

最優秀作品


東条をTJと呼ぶ若者が戦地に赴く日がやがて来る
【魚虎】

今回ぶっちぎりでよかったのはこの歌。
現代の危うい風潮をとらえていて、お見事でした。

★賞品★

「笹短歌色紙」1点
(書く歌は、リクエストにお答えします。もちろん直筆(かなり下手)です。)

サイン付き『都市伝説セピア』朱川湊人・著

「遊星ハグルマ装置」更新されています!
今回は朱川さんの小説「赤い月の夜」です。あいかわらず凄いです。

_____________________

優秀作品

※チェ・ゲバラは日本史上の人名ではないので、該当作品を変えます。


シーボルトの愛した花が雨を受けあした異国へ嫁ぐいもうと
【ヤマダワタル】


・革命の夢は果てどもTシャツになほ生き続くど根性ゲバラ

最近ゲバラTシャツ着てる人多いですよね。目のつけどころが良かったです。
シーボルトと並んでいたので、うっかりゲバラの歌を選んでしまいました。
いずれにせよ総合点で「優秀作品」です。

★賞品★

「笹短歌色紙」1点
(書く歌は、リクエストにお答えします。もちろん直筆(かなり下手)です。)

______________________

佳作


警備員 二本の棒を振り回し車をさばく武蔵の如し
【蜂谷希一】

日常の風景に潜むささやかな発見を詠んだ
短歌の王道をゆく1首。


おねしょした子にひたひたと起こされる定家の袖を濡らす夢から
【てこな】


ザビエルと呼ばれし理科の先生の若かりし日の酸性雨など
【天昵 聰】


決戦の時は来たりと行く巴御前の後ろ手にいびつなチョコ 
【はせがわゆづ】

乙女心を感じる歌でした。

_________________________

では、次のお題を楽しみにしていてください!

よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 03:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

「湯・風呂・温泉」 優秀作品発表!!



「湯・風呂・温泉」
の優秀作品を発表いたします!!

________________________

最優秀作品


本棚の温泉雑誌の背表紙は色あせ君は戻ってこない 
【かんな】


佐田やよい名義時代を含めると何度目の「最優秀作品」でしょうか。
ついに! 満を持して、かんなさんにコーナーを差し上げます。
これからも良い作品をたくさんつくっていってください!


★賞品★

「笹短歌色紙」1点
(書く歌は、リクエストにお答えします。もちろん直筆(かなり下手)です。)

『花まんま』朱川湊人・著(時間かかってもよかったら直筆サイン入り)

_______________________

優秀作品


普段喋ることなきクラスメイトと露天風呂に出る 星を見ている
【ゆず】


青春まるかじり☆な歌をありがとう!


★賞品★

『犬がいたから』石黒謙吾・著(著者直筆サイン入り)

______________________

佳作


沸かし湯を忽ち効能あらたかに変えるケロリンたらいの魔法 
【川鉄ネオン】

「魔法」はいらなかったと思います。惜しい。


ラブホテル「緑魔」の浴槽掃除夫は異様に長き舌を持つらし 
【ヤマダワタル】


毆られて氣がつくこともあるだらう 華嚴の瀧よ打たせ湯になれ
【酒井景二郎】


紅き燈のアムステルダム風呂のない窓辺に立って身体誇示する 
【新井蜜】


レシートとスタンプカードと温泉の回数券でふくらむ財布 
【水野加奈】

_____________________

ということで、よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 11:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

「SF」優秀作品発表!!


「SF」
の優秀作品を発表いたします!!

___________________

最優秀作品


公園に電話ボックス舞い降りてひそひそ声の母のはつ恋 
【異能兄弟】


いまはなき公園の電話ボックスがなぜだか甦り、
ボックスの中には若き日の母がいたという歌意のSFファンタジー短歌だと思います。
アイディア的には赤川次郎の『告別』(大林映画版しか見てないけど)に近いかも。
電話ボックスはタイムスリップしてきたのだと思いますが、
煙とともに突然あらわれるといったベタなものではなく、
宇宙船のように静かに舞い降りてくるという設定にオリジナリティーを感じました。

少しブランクがありましたが、
満を持して異能兄弟さんにコーナーを差し上げます。
これからもおもしろい作品をたくさんつくってください!

よろしく哀愁☆

★賞品★

『いっぺんさん』朱川湊人・著(たぶん、直筆サイン入り)

____________________

優秀作品


転居先不明で戻りし郵便のさみしさ纏うスペースデブリ 
【瑞紀】


スペースデブリとは宇宙ゴミとも呼ばれる地球の衛星軌道上を周回している人工物体。
そんなスペースデブリを転居先不明で戻った郵便と喩えたところが冴えています。
そしてまた、「纏う」という言葉が、スペースデブリだけではなく地球にもかかっているところが巧いと思いました。


★賞品★

「笹短歌色紙」1点
(書く歌は、リクエストにお答えします。もちろん直筆(かなり下手)です。)

____________________

佳作


無重力気分になるのキッチンを散らかしながらつくるチャーハン 
【てこな】

テレビなどでよく見る宇宙船内の無重力のスローモーションな光景を、中華鍋を一瞬離れて空中に飛ぶチャーハンに重ねているのでしょう。


さよならも言わずに消えた 髷ゆらしペダル漕いでた時の旅びと
【水野加奈】

さりげない感じに魅かれます。
ジュブナイルSFぽさが出ていて良いです。


おかえりと我を迎えるワレがおり我とワレとが煙となりぬ 
【かわら】

ドッペルゲンガーに出会ったらどうなるかという空想を詠んでいます。


キスマーク代わりにおとすミステリーサークル青い瞳に恋した 
【はせがわゆづ】


変えられない過去ならせめて見たくない 時間旅行の切符を破る 
【宮田ふゆこ】


鉄筋にリサイクルされるUFOという身も蓋もなさもSFとして
【松木 秀】


俺たちが飛ばすちちんぷいぷいの痛みで光る星がどこかに 
【川鉄ネオン】


地球儀に手と手と触手 この星と五年二組を忘れないでね 
【宮川邦恵】

どこか「みんなのうた」のアニメっぽくて魅かれました。


有明の冷凍倉庫借り切つてさあ語らうぢやないか未來を 
【酒井景二郎】


かんなさんは次回入選したらコーナー獲得です。
焦らず、力まずにがんばってください。

___________________


12月8日(土)21:05〜21:55
NHKラジオ第一
「土曜の夜はケータイ短歌」
に出演します!

よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 06:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

「漫画家」優秀作品発表!!





ズームイン!

「漫画家」の
優秀作品を発表いたします!!

_______________________

最優秀作品


目覚めれば柴門ふみと脱ぎ捨てたストッキングがあるだけの部屋
【かんな】

まず、柴文ではなく、柴門です。直しておきました。
こういうケアレスミスには気をつけたいところ。

懐かしのトレンディードラマのワンシーンのようです。
バブルって感じですね。
念のために書いておくと、柴門ふみさんは「東京ラブストーリー」の原作者です。

かんなさんは何度か「最優秀作品」に選ばれていますし、
次回入選したら、コーナーを差し上げます!
がんばってください!

______________________

優秀作品


足首太き制服少女が溢れ出す吾妻ひでおに統べられた街 
【魚虎】


吾妻作品に出てくる少女の足首は太いという発見を詠んでいます。
今度、吾妻先生に送っておきます。

_____________________

佳作


吸殻の山から朝日が顔出せば鳥山明の原稿あがる 
【ももや ままこ】


どこからか廃油の匂い流れ来て夕ぐれはつげ義春の色 
【暮夜 宴】


凡庸の中の凡庸武器としてサトウサンペイあり な忘れそ 
【ランダムハウス】


ゆでたまごだからキン肉バスターで壊れない友情をえがけた 
【カー・イーブン】

生卵だったら壊れる(割れる)ということを掛けてるんですよね。深読み?
たしかにキン肉バスターは絵的にも屈辱的な技であります。
おもしろかったのですが、散文調でリズムがよくなかったです。


なぜだらうさいとう・たかをの描く麻生太郎を容易に想像できる 
【ヤマダワタル】


まはだかの女のせなを背もたれにさいとうプロの一日(ひとひ)はじまる 
【かわら】


「竹宮恵子」
少年がリボンタイほどく指先を真似てつくった影絵のキツネ 
【砺波湊】

_____________________


新・あきえもんアワー

鶴太屋劇場

松本交響曲

更新しました。
ぜひご覧ください!


次回のお題もがんばりましょう!
よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 09:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

「地名」優秀作品発表!!


チャオ!

「地名」の
優秀作品を発表いたします!!

_________________________

最優秀作品


該当作品なし

____________________________

優秀作品


露天湯の女一斉に立ち上がる 川根路をいくSLの音 
【かんな】

視点も良いし、イメージも立ち上がってくるのですが、
描写がそれに追いついていない感じで惜しかったです。
上の句を改良したら、もっと良い歌になります。
斉藤さん、アドバイスをお願いします。

★賞品★

宇宙ヤングwith高橋名人
「ファミってオールナイト!〜黄金の指伝説〜」シングルCD

_________________________

佳作


本当のことを話すわ浜名湖でうそはうなぎになってゆくから
【てこな】


金正日にやにやとして語りけり「神保町はよく燃えそうだ」
【松木秀】


南国の太陽として歴代の宮崎県知事みな禿げている 
【みうらしんじ】
 

半透明の傘の死体とばかり遭う朝に新宿のぬるいビル風 
【砺波湊】


悲しみに沈むおまへの脊柱にカリフォルニアをなすりつけたい 
【酒井景二郎】

________________________


新・あきえもんアワー

鶴太屋劇場

松本交響曲

更新しました!
ぜひご覧ください!


次のお題もがんばりましょう!

よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 04:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

「田舎・ふるさと」優秀作品発表!!


「田舎・ふるさと」
の優秀作品を発表いたします!!

______________________

最優秀作品


家出した少年納屋で水田の田螺のように息をひそめる 
【かんな】


納屋 水田 田螺 という田舎の定番ワードが
さりげなくちりばめているところがよかったです。
少年はなぜ家出をしたのだろうか?
帰ってきたのに家に入れないのだろうか?
などと、いろいろ想像させてくれるところもよかったです。


★賞品★

「笹短歌色紙」1点
(書く歌は、リクエストにお答えします。もちろん直筆(かなり下手)です。)

_______________________

優秀作品
  

干き潮の岩場にありて束の間のアクアリウムとなる潮溜まり 
【魚虎】


鮮やかに映像が浮かんできました。
「束の間のアクアリウム」という表現が素晴らしいです。
「海」というお題だったら最優秀作品だったんですけどね。


★賞品★

宇宙ヤングwith高橋名人
「ファミってオールナイト!〜黄金の指伝説〜」シングルCD

_________________________

佳作


青年団宿舎の娯楽室の隅もう動かないPCエンジン 
【hitomaro】

山と地蔵尊さえあれば田舎っちゅーもんでもない!
という作者の叫びが聞こえてきそうな歌です。
具体的な描写と絶妙なリアリティに魅かれました。
バブル崩壊後の地方の一風景とも深読みできそうです。
黒電話の歌も好きです。


土砂降りの雨が透かした制服のブラウスの奥にふるさとがある 
【作山さち】


真夜中の鎮守の森の深奥(しんおう)で月光仮面に縛られている
【かわら】


ダムなんかじゃんじゃんつくれふるさとは滅ぼしてからおもうものだよ 
【宮川邦恵】


通りゃんせ遠く近くのあの声は逢魔刻に消えた妹 
【こたま】


おごそかに秘密基地宣言をする 僕たちのセイタカアワダチソウ
【富田林薫】

「おごそか」よりも、「高らか」に宣言したほうが、
セイタカアワダチソウっぽくないですか。


「この村も闇が減つた」と縁側で足の爪など切るぬらりひよん 
【ヤマダワタル】

「など」が惜しかった。


まんなかで二十四時間ぴかぴかと畑を照らし続けるジャスコ 
【末松さくや】

「まんなかで」という表現は動かせるね。

__________________________

なかなか良かったんじゃないでしょうか。
でも、ちょっとお行儀が良すぎるかな。
短歌の新人賞でも新聞歌壇でも短歌雑誌でも結社誌でもないんだから、ここでしか採られないような、もっとくだらなかったり過激だったりする歌があっても良いと思いますよ。せっかく選者が俺なんだし。
おもしろクレイジーな歌歓迎!!
(そればっかりでも困るけど)

よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

「都市伝説」優秀作品発表!!



「都市伝説」
の優秀作品を発表いたします!!

_____________________

最優秀作品


タクシーがすつと止まりてつまらなし洗い髪にて立つ墓地前は
【深森未青】


★賞品★

著者直筆サイン入り
『都市伝説セピア』朱川湊人・著

深森さん(桐生祐狩)と朱川湊人さんは、
どちらも「日本ホラー小説大賞」の受賞者(桐生さんは第8回長編賞、朱川さんは第10回短編賞)なので、なんとも不思議な結果になりました。
贈呈する側として、ちょっと気まずいものがあります・・・。

_______________________

優秀作品


電車のなかに繩文人が座ってる遠まきにしてみんなは耐える 
【望月門】


★賞品★

「笹短歌色紙」1点
(書く歌は、リクエストにお答えします。もちろん直筆(かなり下手)です。)

_____________________

佳作


宇宙人いつもうちの子さらっては記憶消してくテスト前日
【岡本雅哉】


岩村が三社祭で見たらしい法被姿をしたプレスリー 
【砺波湊】


くびれとかダイエットとかスリムとかみんなの呪文で消えたツチノコ
【水野加奈】


ああ早く君に会いたい ぼくだけの鳥山ロード開通させて 
【嶋田電気】


あの頃のあたしの支えのひと言はコックリさんが残した「い け て る」 
【釼持】


恐怖新聞記者募集中履歴書に死亡理由を添付されたし 
【ヤマダワタル】


国道をあのときも今日もうつむいて ふるさとの夏はツチノコ日和 
【宮川邦恵】


ドンパッチにコーラ注いで悦に入る少年爆弾魔の秘密基地
【魚虎】

_____________________

やっぱり変なお題でやったほうがおもしろいね。
つくるほうは大変だけど。

次回もがんばりましょう!

よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 05:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

「春」優秀作品発表!!



「春」
の優秀作品を発表いたします!!
______________________

最優秀作品


真冬から握ってた手をひらいたらオタマジャクシが泳いでました
【イマカコ】



★賞品★

「笹短歌色紙」1点
(書く歌は、リクエストにお答えします。もちろん直筆(かなり下手)です。)

_________________________

優秀作品


窓際の制服にうつる陽の光 4月9日君をみつける
【かんな】



★賞品★

宇宙ヤングのCD(ベスト盤)
(いらないと言われても送りつけます)

_________________________

佳作


頬杖の君が降らせるグラニュー糖 春の雪として紅茶と混じる
【砺波湊】


「降参」のメールに笑みはひろがりて春の勝鬨橋を渡りぬ
【瑞紀】


芽吹く青避けて始める草野球ひとりふたりと駆け出してゆく
【嶋田電気】


ゆですぎた菜の花のような身をひとつ畳にあずける湯上りの女
【ラブタイタイ】


春にだけ通じる暗号みたいだね ピクニックとかハイキングとか
【小野伊都子】


きつとあの店からなんだね君の声のうしろで鳴つてゐるヴィヴァルディ
【穂ノ木芽央】


花びらの降るなか女がふたり来てインターフォンに告げる福音
【新井蜜】

__________________________


今回、良い歌が多くてとても迷いました。
佳作クラスの歌、ほかにもたくさんあります。
この調子で次回もがんばってください!


よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 05:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。