2012年06月20日

酒井ファンタジーセンター 第10回

シンクラヴィア手術 

作・酒井景二朗



狼を追ふな資本を疑へとがなり續ける巨大テルミン


忸怩たるものを抱へて景品の白いギターを捨てる旅に出る


プリペアド・ピアノの中で死んでゐる小學五年生を救ひ出せ


轆轤首(ろくろくび)映る障子を開け放てば篳篥(ひちりき)千切る一陣の風


愛のこと何も受け付けない君はただ横たはるシタールだつた


大人ならやるべきことがあるだらう早く歸れとカリヨンが鳴る


ナナハンを樂器と言ひ張る男達なんか夕日に燒かれてしまへ


遠い日のでんでん太鼓聞くやうに眠れば去るか今日の不遇も


抱き難いぜ シンクラヴィアに成る爲の手術を受けた後のお前は


土星人でしたか夕べ訪れてオンド=マルトノ彈いたあなたは


銀色の古いSF服を着てミブリ操る人の若白髮


熱い海に沈沒していくメロトロン ダリの最後の叫びを鳴らし


ギュロを彈く要領だよと燒きそばをかき囘す手に惚れてしまふな


もう一行書かない譯にゐられない奴のチューバの風を受けたら


蓮の花開く三味の音 この町で僕は退化を始めるでせう



タイトルと選・笹公人

お題「楽器」
posted by www.sasatanka.com at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井ファンタジーセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。