2006年12月11日

仄明るい沼の底から 第4回

グレイシーよりあなたを

作・沼尻つた子


<旭鷲山関引退に寄せて>
鬢付けの油おとして飛びたてば両国の空はモンゴルの青 (沼尻つた子)


いじめの待つ校舎へ通った 下敷きにクラッシュギャルズの切り抜き秘めて


WWWA世界王座の赤ベルト腹帯にするジャガー横田よ


最強の遺伝子なんかいりません グレイシーよりあなたを落とす


柔道着の匂い嗅ぐ時つくづくと息子を産んだと思うのでしょう


高架下に咲いたちいさな菫だろうダンプ松本の二重瞼は


神聖なる女人禁制の土俵へと牝牛を百頭放ちてみたし


クリスマス相撲部の彼が受け取らぬ手編みのモヘアのピンクのまわし


縁日で掬い残された水風船 故郷の海に浮かぶKONISHIKI


血まみれのマウスピースのように吐く噛みしめ続けた最後のことば

タイトルと選・笹 公人

お題:「格闘技」


posted by www.sasatanka.com at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 仄明るい沼の底から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック