2010年10月17日

鶴太屋劇場 第28回

神の天衣

作・鶴太屋


神神の黄昏溶けゆく白夜なり平岩紙の瞳(め)に澄むオーロラ



『フィンランディア』響く北の地孤(ひと)りゆく神神の愛が謐(しづ)かに零(ふ)れば



草いきれに噎せる夏野が眼にあれば神の天衣(てんね)の眩(まばゆ)きばかり



主よ浄められし今宵はオリーヴのあぶらに映る月のカデンツァ



主よ雪の道に行きなずむわれなれば蝋燭くはへし痩せ犬の飢ゑ



主よけふも麺麭(パン)を齧れり願はくば鹹(から)きなみだの泉に浸し



ウェブ司る神はあらねど「天安門」ググれば五百万の魂



神の留守何し莨の火はかをる罪なる夜にながらふを許せ



タイトルと選・笹公人

お題「神」
posted by www.sasatanka.com at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶴太屋劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。