2010年04月26日

鶴太屋劇場 第27回

母とぬりかべ

作・鶴太屋


「ゲゲゲの鬼太郎」


平和祭 下駄の音ひびき鬼太郎が焼き鳥食らふときの眼の夜


鬼太郎の浅き眠りに黄砂降り命奪(と)る魔(もの)の余韻ありき


ぬりかべに塗り込められし思ひ出や明るき日差しに佇(た)ちゐる母


紫雲英田(げんげだ)を鋤く黒牛の暗き春砂かけ婆に愛されたかり


ねずみ男になりたし裸一貫を知らず海月(くらげ)の日日をただよふ


嬰児くるみて一反木綿の耐ふる冬遍路の鈴に夢まで凍てて



タイトルと選・笹公人

お題「アニメ(2010年度版)」
posted by www.sasatanka.com at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶴太屋劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。