2010年03月18日

鶴太屋劇場 第26回

幽霊桜

作・鶴太屋


デンドロビウム花咲くとみて蟾蜍(ひき)啼けり一陣の風身籠りゐしか


青葉寒 熊の眉間に一撃の銃(つつ)透きとほり水無月の水


さくらばな一花(いちげ)氷れる夢の外溝(どぶ)に映るはネオンの街か


一つ餅火鉢にふくれつつありぬわが窓透かせば濁世の灯(ほ)明り


絶望の火の一滴(ひとしづく)胸に咲き来歴問へば砂はく蜆(しじみ)


詩としての抒情装置は肯(うべな)へど水鶏(くひな)一羽も白く飛ばざる


メタセコイアの一樹陽(ひ)の色真夏日に汗にじむ地(つち)白線ぐいと


くろがねのにほひ流れて一閃の冬雷されば霙(みぞ)れてゐたり


第一志望「血みどろ臓物ハイスクール」の少女吐瀉して時じくの胃痛


海阪(うなさか)に一つ火の玉拝(をろが)みて濁世の穢れ美しく過ぐる


碧落を支へし一日(ひとひ)の無聊なり湯舟の檸檬足もて沈め


幽霊桜のこぬれに招く手が一つ蛇目傘(じやのめ)ぞ差せば黙して通る


一番星枯木にかかるたそがれのあはれほろ酔ひ肝(かん)透きとほる


桐一葉秋に揺れゐる望郷のこころ惨たり眼(め)に降るわくら葉


どの男も一人オートバイ疾駆せり揮発油かをれるアデン・アラビア


冬の果(み)の林檎にナイフ喰ひこませ一人(いちにん)の愛滅び去る見し


野兎の血を垂らしつつ樟の樹の一眼(いちがん)薄(うす)う感じつつある


栗鼠の血の麺麭(パン)に散るとき運河ゆく船一艘のなまぐさき火事


『ロリータ』に一輪の押し花 傘をもて花を薙げども密林の孤独


鯨カツの一切れ口に運びつつ思(も)ふ海のシェパードこそ狂犬か



タイトルと選・笹 公人

お題:「一(1)」
posted by www.sasatanka.com at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶴太屋劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。