2010年03月18日

鶴太屋劇場 第24回

浜辺のキューピー

作・鶴太屋


露の玉しとどなりけり流し雛暁(あけ)の空ゆけ悲の紺を薙ぎ


冬の浜辺に打ち上げられしキューピーを幻覚しをり位牌を担ぎ


はに丸ののたれ死にをる花野にて白ききのこを踏み躙りゐる


脣(くち)紅きからくり人形茶を運ぶ閑日の机(き)に黄昏の相


おきあがりこぼし倒れて返らぬまま泉水の亀が火を喰ひ散らす


藁人形火に焼(く)べ身命保ちたり二月の寒燈わが貌(かほ)映し


首もげしバービー悼みドーナツ食ふ睫毛きらりと蒼穹を刷(は)き


ぬひぐるみのお腹ほつれてふはふはと六腑真綿の陀羅尼をなぞる


九字切ればペコちやん人形あらはれりわが遠天(をんてん)の祈り揺るがせ


くれなゐの血と肉持てるわれなるかマネキン銃弾撃ちこまれ冬


マネキンに銃痕三つ虚空(そら)が視えぼくがみえちちははがゐる


マネキンの罅割れに舌挿し入れて夜毎堕ちゆくわが海のあり


マネキンに体温ほのと移るとき抱きしめてゐる乳房重たく


手にとりてずつしり重き銃弾と何も見てゐぬマネキンの眸(まみ)


膨らみゆくヒヤシンスの球痛ましく春愁ひのマネキンに備はざる


マネキンの両腕縛る春宵は自涜の花粉に渇きゐしわれ


廃ビルの庫(くら)にぎつしり詰まりゐるマネキンどれもどこかが欠けて


首筋に淡き愁ひの蜘蛛の子とぼくが見てゐる水着のマネキン


マネキンの朱き唇夢に顕ち褪せゆくままに冬ざれのデパート



タイトルと選・笹 公人

お題:「人形・ぬいぐるみ」


posted by www.sasatanka.com at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶴太屋劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。