2008年05月20日

松本交響曲 第九楽章

煙突のひみつ

作・松本響


目をあけてぼくと向き合いなさいって二十四時間シャンプーハット


銭湯の煙突としてこの町を守り続ける古代の兵器


音のない大浴場で白鳥に生まれ変わったアヒルのおもちゃ


ライオンの口から熱い湯が落ちて風呂の底には砕かれた骨



タイトルと選・笹公人

お題「湯・風呂・温泉」


posted by www.sasatanka.com at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。