2007年06月05日

松本交響曲 第三楽章

落ちていた春

作・松本響


桜まで天に向かって散るなんて無重力にもほどがあります


世界には光があふれストロベリーシェイクで君を汚したい春


もう嘘はやめてください 舌のない四月生まれの鳥が啼いてる


花びらと目が合ったなら逃げなさい 僕らを襲う春のピラニア


制服を脱がせないまま春色のルージュに僕がほどかれている


逆立ちで歩き続けて自販機の闇をのぞけば落ちていた春


すこしだけピンクを足して姉さんが春限定の呪文をさけぶ


タイトルと選・笹 公人

お題:「春」


posted by www.sasatanka.com at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック