2008年05月20日

異能セントワールド 第2回

昭和湯の日々

作・異能兄弟


銭湯に石鹸箱を落とす音ひびけば昭和めいてゆく町 


銭湯の暖簾の文字の「ゆ」をほどきマフラーにして君を待つ夜


GEORGIAの横にNOSTALGIAという缶コーヒーが並ぶ「昭和湯」


鈍き音たてて震える「昭和湯」のマッサージ機は時間旅行機


馬鹿でかい木札の下足錠失せて途方に暮れる夢ばかり見る


足の無い幽霊たちに囲まれて足湯にひたすかじかんだ足


頑なにボディーソープを使わない老女の禿びて薄き胸板



タイトルと選・笹公人

お題「湯・風呂・温泉」


posted by www.sasatanka.com at 08:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 異能セントワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

http://inou2bro31.269g.net/article/12648513.html" target="_blank" rel="nofollow">異能セントワールド 第2回
Excerpt: 第2回「昭和湯の日々」 (お題「湯・風呂・温泉」 /タイトルと選・笹公人) 7首がアップされています。 http://www.sasatanka.com/inohkyodai/
Weblog: 異能兄弟のケンカはやめてタンカを詠もう
Tracked: 2008-05-25 17:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。