2010年10月16日

酒井ファンタジーセンター 第5回

國道の竹節蟲(ななふし)

作・酒井景二朗


毛だらけの蛾の羽ばたきを思はせる音を響かせ去りゆく單車


しどけなくつぶれた蝉をまたいだら向かひの屋根に秋が來てゐる


太陽に傷つけられた子の夢は尺取蟲で測れるぐらゐ


薔薇十字會の跡地といふ場所に光る蛹がいくつもいくつも


透明な巨大水黽(あめんぼ)あらはれて消えたロプ・ノール湖の水面に


斑猫(はんめう)をさしむけられたあの日から毛拔き迄もが怖くてならない


ラフレシアに噛みつく蟲の數々を集めて作る 囘春藥を


てつぺんにミンミンゼミをとまらせてヤケにはりきるトーテムポール


國道をまたぐ竹節蟲(ななふし)から落ちる少女(をとめ)の涙、裂けた携帶


軒先に蜂の巣下がる家見れば何か家ごと泣いてゐるやうだ



タイトルと選・笹公人

お題「虫」
posted by www.sasatanka.com at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井ファンタジーセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。