2011年08月26日

「花」 入選作品発表!!

お待たせしました!


まずは、お知らせです!


福島県喜多方市熊倉公民館主催

第7回 恋人坂と恋人岬「愛の31文字」コンクール 

審査員:笹公人 ほか

締切:9月30日(消印) 
発表:10月中旬、入賞者に通知

●規定 用紙自由。作品、氏名、年齢、〒住所、電話番号を明記。
小中高生は学校名を併記。
FAX、メールでの応募も可。応募点数制限ナシ。ただし1枚につき1点。

喜多方市熊倉公民館
〒966-0024
福島県喜多方市熊倉町熊倉字壇ノ前1511
TEL:0241-22-1801(FAX兼用)
E-MAIL:k.kum@city.kitakata.fukushima.jp


短歌で福島と喜多方を元気に!
今回はぜひみなさんにもぜひ参加してほしいです!

3年前は、文化庁の仕事で、
毎月のように喜多方に通っていました

大変なことになってしまったけど、
みなさん元気にやってるか心配してます。


『短歌』9月号 発売中です!

前衛短歌とは何だったのか
「前衛短歌の秀作」座談会
にゲストとして登場しています。

三枝昂之・佐藤弓生・松村正直・笹公人



日本現代詩歌文学館(岩手県北上市)

「鉄道と詩歌」展
(2011年3月8日〜2012年3月11日)

にて、笹公人の短歌色紙とエッセイが展示されています。


では、入選作品の発表です!!


____________________


特選


いつだって通り過ぎてから気がついた沈丁花の香 たいせつなひと
【小野伊都子】


哀愁が漂っていて、とてもよかったです。


__________________


秀逸


自宅よりともだちの家は懐かしい 玄関脇に造花のミモザ
【いつも翠】


上の句、真理をついています。


_________________


佳作


そこに花があるだけでいい 駆け出しのマジシャンひとりいるだけでいい
【しまやまひかる】

味わい深いです。


花柄のスカートの裾くるり舞いわたせせいぞうの涼風を見ゆ
【ユメバク】

絵が浮かんできます。
正しくは、
「涼風の見ゆ」か「涼風を見る」
だと思います。


菜の花をきれいに食べる一家からいまなめらかにあふれる善意
【虫武一俊】


わたしからひかりの花を送るためいま海ほたるあつめる渚
【富田林薫】


冬を終え一度に桃、梅、桜咲く故に三春と避難所で聞く
【高橋徹平】


恋愛は狂ってなんぼと嘯いて曼珠沙華なお赤々と咲く
【本荘ゆり】


白妙の水仙たちが柵ごしにただみつめてる「自由」な世界を
【坂寿曙光】


あの花は何と問われて木蓮とこたえる春がうごきはじめる
【高松紗都子】


花吹雪 祭りみたいに騒がしく降り注いでた君の肩にも
【清水海斗】


___________________


ということで、
よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 18:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笹師範、佳作に選んでいただきありがとうございます。<br />
初の入選に感謝感激とても嬉しいです。<br />
次回は自動詞と他動詞に留意し、<br />
ネット辞書で横着せずに広辞苑を片手に精進します。<br />
(重いんだよね、あれ)<br />
お題発表を楽しみに待っています。
Posted by ユメバク at 2011年08月28日 10:48
佳作ありがとうございます。<br />
とても久しぶりな感じなのでうれしいです。<br />
でも、構文的に虫武さんとかぶってしまったかなとは思っております。<br />
これからも、できれば、いけるところまで続けて欲しいですが、<br />
よろしくお願い致します。
Posted by 富田林薫 at 2011年08月28日 12:59
佳作どうもありがとうございます。<br />
ブログの再開を心待ちにしていたので、<br />
そのことと併せてとても嬉しく思っています。<br />
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 高松紗都子 at 2011年08月28日 18:55
笹師範、特選に選んでいただきありがとうございます。<br />
震災のことも考えながら詠むことに<br />
いろいろな思いが交錯して、迷いもあったので<br />
評価していただいてとてもうれしく思います。<br />
<br />
沈丁花は、実家の近くに咲いていて<br />
いつも急ぎ足で通り過ぎると香りだけが漂って<br />
つい振り向いていた思い出があります。<br />
いつも通り過ぎてから気付くのではなく、<br />
目の前にあるものをたいせつにしていきたいものです。<br />
<br />
これからも、師範のお時間が許す限り<br />
ブログを続けていただければうれしく思います。<br />
どうぞよろしくお願い致します。
Posted by 小野伊都子 at 2011年08月30日 11:40
笹師範、佳作に選んでいただきありがとうございます。<br />
 三春の名前の由来話は、福島県民ならわりと知っている話だと思います。しかし調べたところ、これは通説で本当は違うようです(三春町HP:http://www.town.miharu.fukushima.jp/03kanko/03kanko/01_0101rekishi.htm)。<br />
 でも、福島は盆地ですので、確かに一気にあたたかくなります。なので、梅桃桜がわりと近い時期に咲き、その一方で、山には雪の回廊があるなど、珍しい風景が広がります。冬と春の光景を一度で楽しめると、中国からの観光客の呼び込みにも成功していました。でも、あの震災そして人災が起きてしまいました……。福島が一日でも早く以前のような活気を取り戻すことを願ってやみません。
Posted by 高橋徹平 at 2011年08月30日 19:28
みなさま<br />
<br />
ありがとうございます!<br />
<br />
次はちょと変わった「お題」にしたいと思います。<br />
<br />
楽しみにしていてください!
Posted by 笹師範 at 2011年09月01日 15:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245430281

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。