2010年06月30日

「UFO・宇宙人」 総評




かなり遅れてしまいましたが、
「UFO・宇宙人」の総評です!!


いきなりですが、
師範はUFO見たことありますよね?

もちろん、何度もあるよ。
見たとかそういうレベルを越えてる話もあるけど……。

ぜひその話を聞かせてください!

えー、12年前に河口湖で……
痛たたたた!!

どうしたんですか?

首に埋め込まれたチップが……!

ミッキー・カーチスか!

どうやらその話をしてはいけないようなので
やめておきます。
いつか『ムー』(学研)あたりで披露できればと思います。
先日、ムー編集部にお邪魔しましたけど。

宇宙人に監視されてるんでしょうか……。
でも期待してます!
で、今回の「UFO・宇宙人」短歌はどうでしたか?

まず、ピンク・レディーと焼きそばのネタが多いと感じたね。

そのネタを選んだ時点で世代がわかりますよね。

うん。あと矢追さんの番組ね。
30代以上の人が「UFO」ときいてすぐに思い浮かぶのはその3つですけど、
いまの平成キッズがUFOと聞いて思い浮かぶものは何だろう?
決定版がないような気がする……
と、そんなことも考えました。

たしかに。

それはともかく
今回は、定番のネタから離れた歌に
おもしろいものが多かったと思います。

ツイッター効果か新しい投稿者も多かったです。
作品もいい意味で肩の力が抜けているものが多くて、
新しい時代に突入したかな
という感じがしました。

それは楽しみですね!!

では、まいります!


_____________________
_____________________


まずは、田中落下傘さんです。

・メタボ気味の宇宙人がUFOの中でウォーキングマシーンひたすら走る
(田中落下傘)

・UFOにも流行ありて買い替えは宇宙人の妻財布を握る

・UFOから捨てられた尿が混じる雨降る中を無口で帰りぬ

・UFOの機器の間を掃除する今日も松居棒活躍したり



意表をついた発想でおもしろかったです。
こういう発想勝負のおもしろ短歌は
新聞歌壇とかではまず採られませんが、
うちのBlogではポイント高いです。

______________________


・56億7千万年待っている ミロク星人の過ぎし面影
(メカパンダ)

弥勒菩薩はウルトラマンに似ていますが、
そこからミロク星人という発想に到ったのでしょう。
「過ぎし面影」が効いています。


・ヤマトにはますら男の溢れたり むべスターシアの画像届けば

・ともどちの一人とてなき幼子がベントラーベントラーとつぶやきゐたり

・天津風星の通ひ路吹き閉ぢよ プロメシュームの叫びこだます



ひさびさに旧カナを使いこなせる人が登場しました。
1首目が特によかったです。

_______________________


以前、インタビューして頂いたことがある
(SFウェブマガジン「アニマ・ソラリス」にて)
壮太さんです。


・激しさも宇宙規模だぜ俺の愛 お前に向けたプロミネンスさ
(壮太)

・一平方センチの皮膚に幾万の菌を棲まわせむわれらも宇宙

なるほど。


・本当に金がないんかこの国は ブラックホールに見えし省庁

おもしろい。


・夜空にはたくさん動物いるんでしょ お星になって食べられないの


「お題」に呼ばれてやってきたのでしょうか。
宇宙人短歌というよりも宇宙短歌でしたが、
今回は初参加ということで特別にOKとします。

_____________________


・裏庭の納屋の二階の暗がりに ほこりと共に眠る円盤
(世杏)

小型円盤? それともオモチャ?


・「宇宙から眺める青が好きだから、守るのだよ」と 彼は微笑む

・昼過ぎの窓辺に遊ぶ円盤は猫パンチでも仕留められない

・いにしえの百鬼夜行に銀色のヤツを見つける古書家の日暮れ

・いつからか空を見上げることもなく金星からの使者にも気付かず



不要な1字あけを直しました。

___________________


・未確認飛行物体「KANASIMI」よ飛んでけ第二宇宙速度で
(佐々木優)

・鈍色の少女の祈り 流星は燃え尽きたライカ犬の死骸

ライカ犬のいじり方が
おもしろかったです。

__________________


・トランジスタラジオに混じる歌声に懐かしい星のパイロット想う
(小野伊都子)

・4歳の夏に飛ばした風船を返してくれた金色のひと

謎めいています。


・五月雨の降る朝きっとスピカではハルジオンのようなひとが生まれる

・飛び立ったエッフェル塔を見送ってトリコロールの夕焼けを見る



___________________



・宇宙基地にもあるという吉野家で君はやさしく温玉を割る
(鯨井可菜子(鯨井五香 改め))

・ゆたかなる髪まさぐれば指先に金属製のタグの冷たく

・彗星の近づきし日に朝食の皿を残して消えた恋人



現代短歌風に「お題」を料理しています。
上手です。

____________________


・深海でひそかに生きる宇宙人やはり地球の水は美味しい
(おはぎ)

・UFOが迎えに来れば老人は進んで乗って社会貢献

UFO×姥捨て山という斬新な発想ですが、
おはぎさんが詠うと、
なんだか泣けてきます。


・母さんは星になると言っていた探し辛いよ月でいいのに


__________________


・あの星の秩序を乱す手始めにヌスビトハギを付けてのりこむ
(たみ)

・砂浜でその足跡は途切れたり振りきりしものは重力のみか


________________


・「窓の外UFOが来て、気付いたら…」娘(こ)は朝焼けを背に立っている
(山口ヤスヨ)

・新人類なんて呼ばれた日々遠く宇宙語あやつる奴らと立呑み

・〆鯖とブルーハワイを交互に味わう君こそ宇宙人かも


この組み合わせは
想像したくない……。


・火星人襲来がもし明日でも晩のおかずの支度している

・親切で人当たり良い、でも顔が思い出せないアイツは誰だ?



__________________


・人類にそろり紛れたスターボーは使命忘れてその日を暮らす
(104hero)


昭和のPerfumeと再評価されつつある(?)スターボー

104heroさんはスターボーのメンバーの一人と
同じ中学に通っていたとか。
そして、自宅を見に行ったとか……。
人に歴史アリです。
スターボーのみなさん、いまは普通に主婦をやっているのかな?
再結成してほしいけど。


・田舎夏(いなかなつ)逃げられたセミ見上げればスキュンと横切るUFOもをり

・銀色に塗って飛ばしたフリスビー犬に取られて宇宙へ行けず


_____________________


・UFOを踊れぬ新入社員らは宇宙人だと真理子は憂う
(ズオウとトラー)

・UFOを仲間と見てたトキワ荘寺田ヒロヲは輝いていた

テラさん、いいよね。


・借金が一千万を超えた日に念が通じてUFO来たり

・「もし君が火星人でも愛してる」言った夫が家を出て行く



__________________


・宇宙から指令出たので失礼と終電ひらり飛び乗った人
(野比益多)


・宇宙船持たぬ貧しき人々が次々降りる6月の糸

・UFOをよく見る彼は押し入れで植物育てPEACEと言うの

・UFOの窓から地球見下ろして思い出してる満員電車



____________________


・突然告げられし別れの訳問えば「ベガに帰る」と彼女うつむく
(虫皮)

・若草をつぶさぬように中空に留まるUFO(ふね)のドア開きけり

上の句が巧い。


・音もなく飛び去るUFO 星空に紛れる刹那3度瞬く

・宇宙人としての地球人として普天間の夜の轟音を聞く



___________________


・ロズウェルと君つぶやけばぬばたまの夜にひんやり浮かぶUFO
(高松紗都子)

・かすかなる羽音に闇が動きだす そこにいるのは天使ではない

・「にんげんはしぬんだよね」とささやいて少女は月夜に5センチ浮かぶ



_____________________


・砂浜に字をかくように大きなる指がえがいたナスカの地上絵
(みうらしんじ)

北原白秋の「大きなる手が〜」の歌
を踏まえています。
砂浜に字をかくところは啄木っぽい。


・牛に似た宇宙人から殺処分される夢みる咳しただけで

宮崎在住のみうらさんの時事詠。
悲痛なメッセージが込められています。


・宇宙から来た証しです ぼくたちが燃えつきたあと星になるのは


__________________


・UFOが表紙のムーと週プロを読んでた叔父はフリーライター
(高橋徹平)

おもしろいです。
プロレス団体「UFO」とかけているのでしょう。
そういえば、ついこの間の「週間文春」の表紙(by・和田誠さん)
がUFOの絵で、ちょっとびっくりしました。


・UFOの基地見つけたぜと言う子らを横目に通う進学コース

・「UFOも埋蔵金も信じない方は無理です、株式投資は」



_____________________


・夫はもう暗黒面に堕ちている寝息の音がダース・ベイダー
(文月郁葉)

・燃料費高騰につき偵察はGoogleEarthで 宇宙人より


___________________


・UFOが飛んでいたって気づかずに君と二人で春風の中
(蜂谷希一)

・(女など星の数ほど居るという)星に届かぬ地球人です。

うまい。

_________________


・本当は火星人だと叫ぶ兄救急車にて星へ帰還す
(魚男)

・グレイ似の友達の母もグレイ似で我が子のために弁当作る

なんだかわからないけど採っちゃいました。


・ミステリーサークル作り20年朝露濡れる葦の香りよ


ミステリーサークル職人?
そういえば、庭の畑にミステリーサークルができたとふつうに語る女性(「みぎわ短歌会」所属の歌人)に会って衝撃を受けたことがあります。
「甲府事件」でも有名な甲府にはやはり何かがありそうです……。


________________


・オーパーツ不思議だらけの忘れ物そろそろ取りに来てくれないか
(黒髭)

・名を聞いてココロに飛来したものはあなたではなく焼きソバでした


__________________


・大気圏スペースノイドの夢の縁 宇宙人とは言わないでくれ
(富田林薫)

・狂おしくピンクレディーにすがりつきUFOからが青春でした

・八月のアダムスキーのデジャヴューの手を取り合って少年少女



____________________


・ヴィーナスと言うだけあって金星の女はみんな美しいらしい
(小林ちい)

・「地球人が優しくするのは始めだけ」火星のバーでママを口説けば

・月面のデートもそろそろ飽きたから今夜はあなたの星に行きたい

・UFOの光のようなオレンジの電球だけを残して眠る



____________________


・あぁ君もあの子と寝たのね 首の裏ICチップが埋め込まれている
(加藤サイ)

・男は宇宙人だと主張せし友は二十歳で男を産みぬ

「男とは」にして、字数を合わせるといいです。


・ねえやっぱりやめましょうよと泣く母を制し銀河に祖母を葬る

宇宙葬。

____________________


・不採用通知がなんだ宇宙にはいま存亡の星もあるんだ
(虫武一俊)

そういう励まし方もありますか。


・触角を重ね合わせてすごす夜メタンの海の燃えつきるまで

・裏山にぎんいろのふね降りてくる わたしはわたしをやめられますか



_____________________


・星粒をひろいにいく宇宙船にささやかに咲くひまわりふたつ
(はせがわゆづ)

・ゆるやかに発光している円盤が明日のあなたに向かって飛びたつ


___________________


・矢追氏のやおい本さえあるという姉の書棚に社宅がきしむ
(かんちゃん)

・自民党町村議員 黒塗りのUFOに乗り選挙区入りす

・ドラえもんの絵描き歌にてUFOが墜落した日ソユーズが飛ぶ



_____________________


・自転車のライトはふわらUFOのように照らすよ僕らの道を
(佐井永)


・教室になじんできたのかもしれず「宇宙人」から「電波系」だと

なるほど。
「ほとんど病気」(by・山本晋也)、「プッツン」
なんて呼び方もありましたね。

_____________________


・UFOを目撃したる驚きのポーズで固まりしままの案山子
(魚虎)

・継父の怒号ひびかう食卓でアンドロメダへ思いを馳せる


_____________________


・ペロリンガ星人かもよ気をつけて君を妖しく誘うあの子は
(本荘ゆり)

・「『捕まった宇宙人』して」子はせがみ父母と手繋ぎ吊られて笑う


___________________


・こっちではどうもモテないらしいので宇宙人さんさらっていって
(谷川めぐむ)

・「UFOだ!」と言ったときにもUFOを見ないで私を見ていてほしい


___________________


・「宇宙人デスネアナタハ宇宙人デスネ」と迫る 焦るアダムスキー
(起也)

おもしろい。

___________________


・ゆうふぉうってカナシイ声で歌うのは終わった恋を追ってるからよ
(台所のキフジン)

ピンク・レディー「UFO」の歌詞
「地球の男に飽きたところよ」
をかけています。

___________________
___________________


ぼくらのアダムスキー型1首劇場


・キャトルミューティレーションに見せかけて生き延びているドラキュラ一族
(ムラサキ・ピープル)


・LOVEというチップを埋め込まれたようだ 世界がやけにぺかぺかしてる
(きたぱらあさみ)


・混血と進化のはたて宇宙人の腹にて生きるわれらの末裔
(かわら)


・UFOも記念写真に参加するスカイツリーの建設風景
(ユーリーボ)


・「TRUST ME」と入力すれば「安請け合い」と出る最新版宇宙語辞典
(アスター)


・見上げても涙はこぼれる ひたすらにつぶやいている「ベントラ、ベントラ」
(しまやまひかる)


・ちちははに手を引かれゆく幼子の黒目がちなるエリア51
(工藤流風)


・もし僕が宇宙人でも笑ったり泣いたり君を好きになりたい
(岡本雅哉)


・鬼が来た。一夜に消えた村落の隠るる子の弁記述に残り
(ユメバク)


・実はこれUFOなんだ渋滞をひとっ飛びしてあなたの胸へ
(伊藤夏人)


・天井を見上げベントラ呟いた休み時間のトイレの個室
(そう蛸)


・未確認飛行物体見た午後の当たりを抜いたスーパーボール籤
(山城秀之)


______________________
______________________


あきえもんさんです。

・蒼白き君は記憶の無い夜に孕んだらしい宇宙人の子
(あきえもん)

・ETの手付きで玄関ベル鳴らすハの字眉毛の営業セールス

・たいていは結婚してから気づくものスカイフィッシュがハエだってことに

何か暗示的です。


_________________


異能兄弟さんです。

・エイリアンの涙の味と思いつつ < キューサイ青汁 > イッキ飲みする
(異能兄弟)

・寝たきりの祖母をひねもす監視するUFO(ユーエフオー)のごとき電灯

・木製の宇宙船(スペースシップ)に一人ずつ眠りぼくらは旅立ってゆく

・ケータイを操作しながら自転車にまたがる奴は火星へ還れ

・アブダクションたくらむように背後から音もなく来る電気自動車

・フリスビー追いかける犬の健気さでUFOを追う矢追純一

・丸暗記したる『地球の歩き方』だけを頼りに地球を歩く
 
・「マケナイデ」ッテダレカガウタウアノホシヲメザソウ「ドンナニハナレテテモ」

・酸性雨浴びてふるえる禿頭の小さきグレイ 泣いたら負けよ

・宇宙人のミイラのように立ったまま枯れてしまった向日葵の花

・ブラウン管テレビに映る研ナオコ知ってる僕らUFO世代



「青汁」と「木製の宇宙船」と「電気自動車」と「向日葵」の歌が特によかったと思います。

__________________


酒井景二朗さんです。

・骨董屋遊歩堂にてご主人とひとしきり飮む彗星ワイン
(酒井景二朗)

・新世紀 鷲のマークのUFOがアジアの空を横切つて行く

・オリハルコン船底に隱すタンカーにおほひかぶさるUFOの群れ

・校庭に歪んだ夢を落つことし町燒き拂ふUFOを待つ

・解剖の痕かも知れぬ君のその鎖骨に浮かぶ淡き梵字は

・秋葉原 ガス生物に乘つ取られ全端子から漏れる憎しみ

・屋久杉を宇宙人とも呼んでみる 叡智はいまだ語られぬまま

・宇宙人とても所詮は人なれば芳賀書店にてお會ひしませう


こりん星?


・宇宙人だからこんなにいぢめられるのかと母に訊いた夕空

泣けます。


・校庭に殺戮裝置、肌の色違へど同じ眼鏡が二人

・宇宙人どもよ即刻去りたまへ地球の價値は地球が決める



酒井さんらしくて、よかったですよ。

_____________________
_____________________


お疲れ様です!

「名古屋短歌大会」の選歌で
3000首以上の歌を読んで、
力作揃いだったゆえに疲れ果てて、
しばらく短歌は読みたくないという心境に陥っていたのですが、
「UFO・宇宙人短歌」は予想以上におもしろい歌が多くて、
逆に元気をもらえた感じです。

最近は変わった「お題」でも安心して読めるので、
レベルが上がってきている証拠ですね。

ライトで読みやすいというだけではなくて、
裏に深いテーマを秘めている歌も多かったので、
そのあたり頼もしかったです。

では、優秀作品の発表をお楽しみに!!

よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 05:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 総評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笹公人先生、蒸し暑い中を総評お疲れさまでした。さぞお疲れの事とお見舞い申し上げます。 3首も採用して頂きありがとうございます。 先生泣かないで下さい、世の中老人ばかりで今の若い人達は大変だと思います。この先如何なる事でしょう・・・わたしは喜んで主人と一緒に乗りたい思いです。
Posted by おはぎ at 2010年06月30日 17:33
いつもどうもありがたうございます。總評、お疲れ樣でした。<br />
かうして見てみると、意外と、哀愁の短歌が多いやうな氣がします。<br />
何のはづみか、歌を詠むにもどうにも思ふに任せない状況がまだ續いてをりますが、次のお題迄には立てなほしたいです。がんばります。
Posted by 酒井景二朗 at 2010年06月30日 20:45
笹師範、総評ありがとうございました。<br />
<br />
「短歌研究」7月号の作品季評拝読しました。師範と同じ結社に所属されている中沢直人さんのお話などとても興味深く読みました。
Posted by 異能兄弟 at 2010年07月01日 00:11
お忙しい中の総評、ありがとうございました。<br />
笹師範のブログならではのお題でしたが、うまく作れなかったです。面白いことのアンテナが最近どうも弱いようなので、もっといろんなものに興味を持ちたいと思います。3000首というのは、凄いですね。夢にまで出てきそうです。
Posted by あきえもん at 2010年07月01日 08:28
笹師範、お忙しいところ総評お疲れさまでした!<br />
<br />
今回のお題は、かつての自作との戦いでした。<br />
もう少し力を抜いて、「おもしろ短歌」を目指してもよかったかもしれません。<br />
<br />
「2010年の東京タワー」をヘビロテして、次回はがんばりたいとおもいますので、よろしくお願いします。
Posted by 岡本雅哉 at 2010年07月01日 10:10
笹師範総評お疲れさまです。毎回おありがとうございます。『毎回投稿、5首投稿』を目指しつつ、投稿できなかったりしていますが、気持ちをなえずにがんばって生きたいと思います。<br />
<br />
スターボーはメンバー同士で同じ中学の人がいたような記憶もあるのですが・・・・今もその一角は昔のままのたたずまいです。きっとお母さんかなんかしてるんでしょうね・・・子供にネットで発見される前にカミングアウトしたほうがよいような・・・と他人の家庭事情を心配してる今日この頃です。笑
Posted by 104hero at 2010年07月01日 17:44
>おはぎ様<br />
尊いご発言にますます泣けてきました。<br />
しかし、おはぎさんのような方にはぜひ元気で長生きして<br />
若い世代に知恵を分け与えて頂きたいです。<br />
<br />
<br />
>酒井景二朗様 <br />
たしかに愛愁の短歌が多いやうな氣がしますね。<br />
酒井さんの歌、ますますよくなっています!<br />
てふてふ。<br />
<br />
<br />
>異能兄弟さま<br />
ローカルなネタを喋ってみました。<br />
<br />
<br />
>あきえもん様<br />
だんだん気合を入れないと書けなくなってきますね。<br />
お互いがんばりましょう。<br />
<br />
<br />
>岡本雅哉さま<br />
今回のは今回のでよかったと思いますよ。<br />
<br />
<br />
>104heroさま<br />
104heroさんがメンバーの一人に言い放った<br />
「やーい、スターボー!」のかけ声、<br />
彼女のトラウマになっているかもしれませんね……。<br />
スターボーのみなさんは地球に帰化されたのでしょうか。<br />
追跡調査をお願いします。<br />
もしスターボーに娘がいたら、プロデュースしたいなあ。
Posted by 笹師範 at 2010年07月03日 23:16
笹師範、総評ありがとうございます。<br />
<br />
一首目ですが、<br />
古い家具などと共に眠る往年の円盤をイメージしていました。<br />
確実に表現できるように修行を積まねば、です。<br />
それから実は、引退した円盤に敬意を評してほこりと誇りをかけてみたのですが、挑戦するには早すぎる技術だったでしょうか・・・<br />
一字空け、気をつけます。<br />
本当に勉強になります・・・<br />
少しずつ短歌の経験値を増やしていきたいと思います。
Posted by 世杏 at 2010年07月07日 23:46
世杏さま<br />
<br />
おもしろかったです。<br />
次回作も楽しみにしてます!
Posted by 笹師範 at 2010年07月09日 02:43
ありがとうございます<br />
リハビリ入所していて オクレヲとってしまいました<br />
飽きるはずない 飽きられたらいい 地球の男に ・・<br />
ゆうふぉう ・・・ です<br />
また10月から よろしくお願い申し上げます  ダイドコ
Posted by 台所のキフジン at 2010年08月18日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。