2009年04月11日

お題発表 「食べ物」

どうも笹師範です。
次のお題は、鶴太屋さんが提案してくれた「料理」というお題をそれを拡大して、


「食べ物」


です!

____________________


 笹公人師範による模範短歌



十二人家族のつくる納豆の大ドンブリのねばりを思え


弟のポテトこっそり抜き取ればJOKERと細く書かれてありき


ラーメンの湯気の中にはいつだってシャワーを浴びるメーテルがいた


憧れは999(スリーナイン)の食堂で銀河を見つつ食べるビフテキ


お好み焼きを地獄焼きだというオヤジ得たいの知れぬ肉を混ぜたり


コックリさんですべてを決める男いてお稲荷さんをポッケに詰める


未来にもきっといじめはあるだろう ICチップをご飯に混ぜて


青いシャツの心霊手術師ハンバーグをこねる手つきで癌をもぎとる



______________________


投稿数は1人につき5首までとさせて頂きます。

締め切りは、

4月26日(日)いっぱいまでとさせて頂きます。

____________________


今回は比較的つくりやすい「お題」だと思います。
おもしろい歌を期待してます!!

よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 15:08| Comment(67) | TrackBack(0) | 「お題」発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・一点を追う展開となりしとき齧る鳥軟骨の歯ごたえ
Posted by 魚虎 at 2009年04月13日 00:44
手作りのハンバーグには君にない愛がいっぱいブランコをこぐ<br />
<br />
玉葱の粒子の海で溺れないゴーグルしっかりつけて犬かき<br />
<br />
こんにゃくは君の体にとてもよいおばちゃんが焼く下町もんじゃ<br />
<br />
穴倉の食堂どこか曖昧で花火の下でアイス溶けてく<br />
<br />
エスカルゴ求めて歩く巡礼の旅に出てから喉がからから
Posted by ぱむ at 2009年04月15日 09:32
*つくしつむ陛下の姿親しみてまさか佃煮卵とじかな<br />
<br />
*うわさ聞き病院食の豪華さに一流ホテルシェフ入院<br />
<br />
*知り尽くすはずの名人キノコ採り山に入って音沙汰も無く<br />
<br />
*栄養も必要も無いナタデココ異常な響き額関節が<br />
<br />
*朝バナナ一本食べる昼も食べ晩も食べてる長生きしてる<br />
<br />
宜しくお願い致します。
Posted by おはぎ at 2009年04月16日 21:13
冷凍の秋刀魚を選ぶ春の日のお昼に食べる一品として<br />
<br />
宇都宮餃子の店にきみと行く五月雨の日の午後の約束<br />
<br />
そよ風にゆらりふうわり誘われて春のおすすめ手長えび食う<br />
<br />
春雨にぬれて闇夜をおちていくわさび色したあなたの下着<br />
<br />
網棚に置き忘れられ食べ掛けの幕の内弁当は干からぶ
Posted by 新井蜜 at 2009年04月17日 00:32
衛星はアマゾン源流を写す 三浦キャベツの甘き葉脈
Posted by 葉理 at 2009年04月17日 11:37
屋上の給水塔の陰にならび逃げ水のようなアイスを食べる<br />
<br />
放課後のポテトチップの黒胡椒舌に感じてキスをためらう<br />
<br />
おでん屋のコンニャクはんぺん大根で幾何を教えし老教師あり<br />
<br />
ロコモコのとろりふるえる黄身の上ハネムーンの空ひたすら青し<br />
<br />
子供らを育てたものは崩れない父の背中と母の肉じゃが<br />
<br />
今回が初投稿です。どうぞよろしくお願いします。
Posted by 羽うさぎ at 2009年04月17日 17:10
冷えきったペペロンチーノ夏の日の熱を二人は取り戻せない<br />
<br />
キャラメルのおまけの箱に詰まってる夢を落としてしまったのです<br />
<br />
暗号を送る相手を探しつつパスタを食べる窓際の席<br />
<br />
ステーキが食べたいなぁと呟いて後は静かな午後の病室<br />
<br />
夕暮れのローカル線に乗り込んで一人で食べる冷凍みかん<br />
<br />
僕たちの指が触れ合う場所としてキャラメルポップコーンを買おう
Posted by かんな at 2009年04月17日 18:07
遠足の子が食む烏骨鶏が食む鶏をミミズを牧場は春<br />
<br />
大路は雨 筍を焼く 葬列が窓の向こうを通り過ぎてく<br />
<br />
爆音のコーラン 戦士一万がカレー貪る聖堂の地下<br />
<br />
明日までの命の桶に眠り居て鰻屋聖母のように微笑む
Posted by 葉理 at 2009年04月17日 20:05
・最後まで売れ残りたるつぼ焼きのさざえの底に溜る哀しみ<br />
<br />
・ラーメンのスープの油つなげつつキミの話を聞いていますよ<br />
<br />
・漫研の部室の隅でひっそりと炭化してゆく唐揚げ弁当<br />
<br />
・今はまだ打ち明けられぬことがありニラ抜きの具を餃子に詰める<br />
<br />
以上で5首になります。よろしくお願いします。
Posted by 魚虎 at 2009年04月18日 00:01
マクドナルドマクドナルドすみませんマクドナルドをひとつください<br />
<br />
一時間ごとにきっちりあの客はビッグマックを頬張りにくる<br />
<br />
焼きすぎのミートパティを少し噛み「今日はちょっぴり苦味がきつい」<br />
<br />
マックフライポテトはラセットバーバンク ミートパティはオージービーフ<br />
<br />
変わらないメニューと値段スマイルは今日も0円でした、さよなら。
Posted by はづき生 at 2009年04月18日 07:16
<br />
ステンレスシンクが我にかえるようなペヤングソースやきそばのお湯の奔流<br />
<br />
長江に身を清め一気呵成に書き上げる【冷やし中華はじめました】の張り紙<br />
<br />
あんかけスパゲティくるくる巻き上げねっとり絡み付くような愛に溺れたい<br />
<br />
とても美味しそうに出来たチャーハンを「いただきます」の前に味見する蠅<br />
<br />
芝公園教会ウエディングケーキ山盛り積み上げ大食い女王からの求婚を待つ<br />
<br />
宜しくお願いします。<br />
Posted by 富田林薫 at 2009年04月18日 07:52
1:ドラフトで一位指名をされそうな大根今日も食べ進めてく<br />
<br />
2:今着てるスーツの内のポケットに赤いハバネロ入れております<br />
<br />
3:公園のベンチの上に一組の赤いりんごを置いて消え去る<br />
<br />
4:香川県 うどんのせいで狭くなる日本一の小さい県よ<br />
<br />
5:楽園でアダムとイブに食べられた甘い林檎の栽培工場<br />
<br />
以上五首です。前回の悔しさをばねにして詠み、推敲もしましたけれど、まだまだですかね…。よろしくお願いします。
Posted by チェンジアッパー at 2009年04月18日 22:20
缶ビールカルーアミルク梅酒地酒皆が手にする蟹蒲鉾だね<br />
<br />
「チ、チ、チーズ」「ズッキーニ」「ニラ」「ライス」「スライスチーズ」「ずっと一緒にいようぜ」<br />
<br />
溶けるチーズを乗せたらチンしてくれ、今日は言う人がいない終日<br />
<br />
鼻くそほじった手でごめん。割けるチーズをあげながら思うよ<br />
<br />
特に好きなわけではないけどあれば食べるよね。握るよ君の手も<br />
<br />
<br />
以上主にチーズ五首でした。
Posted by 千のナイフと餞 at 2009年04月18日 23:59
極左のA氏が天皇御用達の饅頭を売る店の暖簾をくぐるあさって<br />
<br />
極左のA氏が天皇御用達の饅頭を売る店の暖簾をくぐるを見たり
Posted by 骸骨マン at 2009年04月19日 01:05
・小刻みにコーヒーゼリーがふるえてる君がこの部屋出て行った夜<br />
<br />
・廃屋の壁に貼られたポスターの深みを増したカレーの色合い<br />
<br />
<br />
・常春のこの日本では生きられぬアイスクリームの悲痛な叫び<br />
<br />
・「うっかりと卵切らしてゴメンね」と店主が詫びるソースカツ丼<br />
<br />
・キャラ弁に凝ってる妻はにっこりとタコウインナーに吸盤つける<br />
<br />
以上です。今年度もよろしくお願いいたします。
Posted by ユーリーボ at 2009年04月19日 06:58
砂抜きのさ中あさりがことり落つその方角のまぎれなき海<br />
ラーメンの美(は)しき螺旋をテロメアの滅しゆくわれ雑にほぐせり<br />
スパイスをゲームの中で買い占めるセポイの乱など起こりはせぬか<br />
ガザ地区で豚を炙らば紛争がなくなるやうな予感がするの<br />
美少女のまなこ押し出す白き束もやしを漢字で書いたら萌やし<br />
<br />
よろしくでございます。
Posted by 深森未青 at 2009年04月20日 13:02
春キャベツ剥がしてかぶる熱冷まし祖父はたちまち早野凡平<br />
<br />
「ルースゥ!」とチンジャオロースの発音を直す唇見ながら決めた<br />
<br />
ウエハース剥がしクリームこそげ取る前歯使いの靴底の減り<br />
<br />
「明(あきら)には伏せておいて」と花の精 和名つぶやく「豚の饅頭」<br />
<br />
トーストも卵も鍋もパパったら「まっくろけ節」でごまかさないで!<br />
<br />
以上、5首です。
Posted by 猫丘ひこ乃 at 2009年04月20日 19:28
肝吸いの熱さが喉を通りすぎ飲み込んでしまう言葉がひとつ<br />
<br />
納豆の容器を洗う 未練とはこんな形をしているのだろう<br />
<br />
マーメイドの踊り食いです胸にある貝は始めにお取りください<br />
<br />
闇鍋に刻んだ写真を放り込む唇よ鍋の彩りとなれ<br />
<br />
壊れそう 囁くガラスの林檎たち直径三メートルのくせして<br />
<br />
牡丹でも釦でもないことを知る 鍋を囲んで私ボタンちゃん<br />
<br />
寒い夜ミネストローネで温まる目玉オヤジのオレンジの顔<br />
<br />
<br />
日曜までもう少し頑張ります!よろしくお願い致します。
Posted by あきえもん at 2009年04月21日 09:06
赤すぎるだけの温室トマトゆえ白いソースを探す夕暮れ<br />
<br />
包まれた餃子シュウマイ好きと言うあなたを噛んで泣きじゃくりたい<br />
<br />
割りそこねた卵のような心して月がゆくのを待つだけの夜<br />
<br />
<br />
まずは三首、宜しく尾根会゙致します。
Posted by 西野明日香 at 2009年04月22日 19:03
す、すみません(汗)<br />
<br />
まずは三首、宜しく尾根会゙致します。改め まずは三首宜しくお願い致します。
Posted by 西野明日香 at 2009年04月22日 19:05
もう全部いっちゃいます^^<br />
<br />
本当は歌ってほしい横顔にクールミントのガムを差し出す<br />
<br />
祭にはあなたをきっと越えていてリンゴ飴より綿菓子を買う<br />
<br />
「食べ物の歌」私にとっては難しかったです(泣)<br />
今回はこの五首でお願い致します。
Posted by 西野明日香 at 2009年04月22日 20:05
さよならも言い出せぬまま冷めてゆくマルゲリータのような僕たち<br />
<br />
反省はしても後悔などしない春のパスタをくるくる巻いて<br />
<br />
パルメザンチーズが粉雪みたいって南国生まれのあなたがはしゃぐ<br />
<br />
そのままでいいよと春のキャベツよりやさしく包んでくれるあのひと<br />
<br />
揺れるのはきっと今夜の三日月がライチみたいな色してるせい<br />
<br />
<br />
よろしくお願いします。
Posted by 暮夜 宴 at 2009年04月23日 13:50
・めくるめく 情事の後で食べたいわ 夜空みながら あなたとプリン<br />
<br />
・北風の なかで待つ指かじかんで 焼き芋3つ おまけがバナナ<br />
<br />
・すき焼きを つくれば味の違い出る ぐつぐつ煮える 鍋が戦場<br />
<br />
・はじめての 離乳食食べ 全部出す ちっちゃい口で ごはんはまだと<br />
<br />
・キャラ弁で 顔作ったら 目が取れた あわてふためき 海苔探す朝<br />
<br />
昼下がり、失礼いたしました・・・
Posted by 薫るきみ at 2009年04月23日 14:45
浅漬けをボリリと噛めば奥歯まで沁みるチルド室の夕焼け<br />
<br />
三日月に腰掛けながらマンガ肉にむしゃぶりつけば 降る流れ星<br />
<br />
やむを得ない局面なんだそのやわい手のひらでプリンすすらせてくれ<br />
<br />
泥つきの一万円札 すみませんカロリーゼロはもう売り切れです<br />
<br />
マスターがなにも聞かずに差し出した力うどんを泣きながらすする<br />
<br />
***<br />
<br />
今回もよろしくお願いします。
Posted by 伊藤真也 at 2009年04月23日 23:03
真っ白なアスパラガスを焼きましょう セーラー服を脱がせるように<br />
<br />
クリームの甘き拳にかぶりつく少年を乗せ電車は走る<br />
<br />
軍隊の兵士のように身構える防護ガラスのチョコレート隊<br />
<br />
早春のうぶなスミレをしたたらせ琥珀に光るシュガートースト<br />
<br />
本物の王子に今すぐ逢いたくてカレーコーナー求めたる君<br />
<br />
----------<br />
はじめて投稿させていただきます。<br />
よろしくお願い申し上げます。
Posted by 中森つん at 2009年04月24日 13:51
舌先の薄荷どろっぷが消えた夜ゆっくり雨は透きとおってく<br />
<br />
手のひらをすべるひかりはとめどなくほどけてくライスボールのように<br />
<br />
晴れた朝でしたあなたが砂糖菓子みたいに笑んでた春のはじまり<br />
<br />
ふわふわのオムライスの中で君がみる夢の続きをきかせてほしい<br />
<br />
<br />
よろしくお願いいたします
Posted by はせがわゆづ at 2009年04月24日 17:03
笹師範<br />
先日のケータイ短歌では私の歌を読みあげていただきありがとうございました。とても励みになりました。<br />
<br />
・もしサマータイムが導入されたって立ち食いそば屋で済ませるだろう<br />
・その直後イチゴ味とか現れる事は知らずに一目で決める<br />
・鯛刺しを食べて最後に鯛茶漬け思わず頼むくらいに抱くね<br />
・くいしん坊!万才彼はくいしん坊!万才見ながら私を食べる<br />
・一粒で月の果てまで満腹な新製品も返品の山<br />
<br />
宜しくお願い致します
Posted by 伊藤夏人 at 2009年04月24日 21:25
・食べ過ぎてもういらないとから揚げは皿に残って未練残って<br />
<br />
・にんにくの入っていない手作りの餃子は君との会話のようで<br />
<br />
・締めくくりイチゴパフェでしょ二人ではもうファミレスも行けないんだし<br />
<br />
・声掛けていいのかどうかわからずに背中見つめるたこ焼き屋前<br />
<br />
・真夜中のキッチンに立つ夫へとアドバイスする明日の弁当<br />
<br />
よろしくお願い致します。
Posted by ひいらぎ at 2009年04月25日 00:45
ひねた眼のあの子がいつも舐めていた逆渦巻きのソフトクリーム<br />
<br />
保守的な私と冒険するあなたカップの麺を選ぶときにも<br />
<br />
このバター偽装表示はありません原料はトラ100パーセント<br />
<br />
自由すぎる彼の生き方止められない前世は皮蛋だったと言うから<br />
<br />
あかさたな占い最下位だった朝 かさかさ音をたてるシリアル<br />
<br />
以上、よろしくお願いします。
Posted by たみ at 2009年04月25日 10:55
熱々のたこ焼き喰らふその頬をうずうずうずくミサイル狙う<br />
<br />
おむすびを若葉が芽吹く公園で赤く息吐きハローワークへ<br />
<br />
湯豆腐の一番おいしい食べ方は丸呑みですと主張するO氏<br />
<br />
空豆の豆腐掬う手悩ましく匙の蒼さを朱く染めあげ<br />
<br />
どうしても5首目が満足できるものにならなかったので、<br />
この4首でお願いします。
Posted by ユメバク at 2009年04月25日 17:05
無数の「愛」という語の彫られたるカレイを煮付ける時のほほえみ<br />
<br />
食らわばノムラサチヨを無性に抱きたくなるというお好み焼き<br />
<br />
冷たくて甘くてちょうどはつなつのみぞれアイスのようなる肌(はだえ)<br />
<br />
噛むほどに漁師でありし亡き父のにおい広がるサキイカなり<br />
<br />
カレー、シチュー、ハヤシライスの三択に悩むはらたいらを見つめて女
Posted by かわら at 2009年04月25日 20:23
香ばしい音でソースがジュッと鳴きビールが美味い夜が始まる<br />
<br />
潤ってふえるワカメは艶々と海を日差しをウフフと語る<br />
<br />
熱を持つ舌にマシュマロ乗せあって大事な場所をとろとろ溶かす<br />
<br />
「最後まで食して欲しい」残されたパセリは徐々に干からびてゆく<br />
<br />
温かいプディング崩す唇の柔さを思うキスしたくなる<br />
<br />
――――――――――<br />
<br />
前回はありがとうございました!<br />
総評、とても参考になりました!<br />
<br />
食べ物短歌5首、よろしくお願いします!
Posted by 星野ぐりこ at 2009年04月25日 21:02
しあわせな日のゆで卵は半熟で舌にきみがとろとろからまる<br />
<br />
コンビニのキュウリサンドが床に落ちた何だか俺はもう疲れたよ<br />
<br />
チョコレート食べるの見逃して下さい明日も笑顔で関わり合うから<br />
<br />
いつかもう何でもない日のただ甘い甘いショートケーキになるかな<br />
<br />
天国のひやしあめ甘いからいまた一緒に飲むからどっかに行くな<br />
<br />
以上です、よろしくお願いいたします。
Posted by 滝沢勇一 at 2009年04月25日 21:57
・太陽の光は居間に届かなく義母と分けあうグレープフルーツ<br />
・自らを守ることには敏感で何も言わずにそうめんをすする<br />
・ずいぶんと遠い地点にきたようで今日も朝からうどを食べている<br />
・鮭の身をほぐしつつ聞く夕方の天気予報は大雨ばかり<br />
・戻れないことは知っているただ今日も水菜とじゃこのサラダを作る
Posted by イマイ at 2009年04月25日 21:58
・千歳飴を切りわけている千年を生きるのはすこしたいへんだから<br />
<br />
・砂を噛む思いをするのが嫌だから口をつけないあさりの味噌汁<br />
<br />
・ほっぺたに苺一粒押しこんでつぶさないよう過ごす初夏<br />
<br />
・リクルートスーツで揺られる山手線あと三周でバターになれる<br />
<br />
・いちご飴の紐を口から垂らしつつ足元だけを見ながら歩く
Posted by めぐみ at 2009年04月25日 22:36
・明日には戻ってくる気がしてるから用意しておくね、エサもご飯も<br />
<br />
・昨日したことは言えない内巻きでフォークに絡めて食べるナポリタン<br />
<br />
・散らかった部屋を飛び出し真夜中へカップ焼きそばの真白き残骸<br />
<br />
・午後三時ソフトクリームのてっぺんの穴の向こうに幼き誰か<br />
<br />
・クルトンを二個転がして同じ面がでればやろうか(でるわけないし)<br />
<br />
<br />
以上5首です。宜しくお願いします!!
Posted by ももや ままこ at 2009年04月26日 00:06
すみません。一首改作します。<br />
<br />
・ラーメンに浮かんだ油つなげつつキミの話を聞いていますよ
Posted by 魚虎 at 2009年04月26日 00:41
・生卵としょうゆとごはんに含まれる幸せという見えない滋養<br />
・見習っしゃい 粘り強かよ納豆は 掻き回し喰う母は鬼の目<br />
・この星の食物連鎖のてっぺんにいると思うな か弱きヒトよ<br />
・ヘンゼルを真似て仔牛がそっと出す小枝にいつまで騙されようか<br />
・ぶちまけて流しに散らばる焼きそばの絶望こそが青春の痛み<br />
<br />
あと提出歌外ですが、↑見てて一首<br />
<br />
尾根会は山岳会かと思ったよ、変換笑うあなたをお願い
Posted by 真風 at 2009年04月26日 01:25
・満月がホットケーキに見えたので君に電話をしようと思う<br />
<br />
・ハッピーもアンハッピーもまんなかではんぶんこしてドーナツたべよう<br />
<br />
・味のないフーセンガムをふくらます そうだあなたはもういないんだ<br />
<br />
・ゴミ箱にピザを捨てたら逃避行 トマトまみれのバイクで海へ<br />
<br />
・人生は長い 食べられないものもたまにはあっていいと思うよ<br />
<br />
<br />
はじめて投稿させていただきます。<br />
緊張します!<br />
どうぞよろしくお願いします。
Posted by キタパラアサメ at 2009年04月26日 03:59
「唾液を出してはいけません。さあ、梅干を思い浮かべないでください」<br />
<br />
旧姓で吾を呼ぶ人の食べさせる雪の熱さにひらかれてゆく<br />
<br />
はじめから分かっていたという顔で摘み過ぎ苺ジャムにしている<br />
<br />
<br />
ひとまず三首投稿させていただきます。よろしくお願いします。
Posted by 月下燕 at 2009年04月26日 08:17
はまぐりのしぐれ煮舌を過ぐるとき未生のわれをたまらなく恋ひき<br />
<br />
たけのこの木の芽和へ食ふゆふまぐれ昔のごとく蝌蚪生(あ)れにける<br />
<br />
うちむらさき割く一閃の断崖(きりぎし)をけふは離(か)れたりこころの夏<br />
<br />
茜濃き夏ゆふぐれの冷めゆきて煙霧のごとき胃のところてん<br />
<br />
冬の海あんこう鍋を惜しみてはまた注(つ)ぐ酒の杯の青菊<br />
<br />
冷やつこ茗荷を添へて卓にあれば銀河香りて鮎子さばしる<br />
<br />
春菊のほろ苦かるを食ひにけり青鈍(あをにび)色のさやけき弥勒<br />
<br />
烏賊天蕎麦まひるの駅に食ひをればかそかな汽笛にくるめく耳<br />
<br />
蕗味噌の香にぞ噎(むせ)ぶは我ならずふるさととは杳(とほ)き煉獄<br />
<br />
若き日の山椒もみづる晩秋(をそあき)をうな丼熱き舌に崩るる<br />
<br />
ねぎま鍋つつく忘我の舌透けば“えくとぷらずま”吐き出しゐたり
Posted by 鶴太屋 at 2009年04月26日 09:06
肉じゃがに味がしみこむ要領であなたと歩く二十一年目<br />
<br />
ねえ早く元気になっておばあちゃん ちらし寿司さえ教わってない<br />
<br />
ささくれた息子の心を包むようにロールキャベツをきっちりと巻く<br />
<br />
祈りにも似ているものをこめながら弁当箱に詰めるおにぎり<br />
<br />
三歳の小さな口に吸いこまれスパゲッティは旅を終えます<br />
<br />
<br />
「食べ物」短歌、意外と難しくて最後まで悩みました。<br />
どうぞよろしくお願いします。
Posted by 小野伊都子 at 2009年04月26日 11:11
土井勝先生ふたたびほほ笑んで〈おいもさん〉と吾を呼び給え<br />
<br />
前掛けの蝶々結びがうごき出しあずき色した祖母がふり向く<br />
<br />
柴いぬのきみはクッキーいちまいで何回しっぽを振りつづけるの<br />
<br />
いつか見た映画みたいなチョコレート色のお池に沈めてあげる<br />
<br />
さくら咲く山の焼き場へつづく道ピザ屋のバイクが音たてて来る<br />
<br />
以上、今回もよろしくお願いします。
Posted by 水野加奈 at 2009年04月26日 12:45
牛丼か豚丼かすら悩むのにミホかアキかは決められないよ<br />
<br />
東京のソウルフードでおなじみのウイダーinゼリーを飲み込み走れ<br />
<br />
最高級イベリコ豚で作られた豚まん「ブタマネーゼ」の値段<br />
<br />
春巻きを春色にする方法でキミを笑顔に染めてしまおう<br />
<br />
肉じゃがの魔法は解けたようだけど今ではポテトサラダに弱い<br />
<br />
<br />
よろしくお願いします。
Posted by わだたかし at 2009年04月26日 12:51
銀杏を踏みながら行く 君もまた失業中だったのかニュートン<br />
<br />
大陸を見つけたようにほうれんそうボクが切ったと立つ椅子の上<br />
<br />
犯人は母親でした 卵から二つの黄身を見つけた朝に<br />
<br />
手渡しの手紙読まずに食べた後まだ居たんだと黒山羊は言う<br />
<br />
「おふくろの味」のコースは人参と牛蒡をアルデンテにいたします<br />
<br />
給食の三角食べは今もなお会社の新人−妻−愛人と<br />
<br />
弁当の蓋に押されてこぼれ出たケチャップで描くいびつなハート<br />
<br />
<br />
以上です。宜しくお願いします。
Posted by あきえもん at 2009年04月26日 13:53
お寝坊のあなたにつくる小野リサの音も煮込んだセロリのスープ<br />
<br />
はじめて投稿させていただきます。<br />
送信ボタン押すのに緊張してます汗<br />
どうぞよろしくお願いします。
Posted by ぽっちり at 2009年04月26日 14:59
ひとんちのカレーを食べてまわる娘のリスカを止めてやれないでいる<br />
<br />
カステラの工場裏の公園で並んで歩いた サヨナラの前<br />
<br />
冷しゃぶの脂身みたいな白目して被害届けを出すも加害者<br />
<br />
重湯からきざみ食へとなりし朝 わざと噛みのこす事もできて<br />
<br />
ぐりとぐら焼いてもらったカステラがしぼんじゃったね 午後はキャンセル<br />
<br />
以上5首になります。よろしくお願いいたします。
Posted by 空山くも太郎 at 2009年04月26日 16:29
「落としたらもうあげんけん。」と湯どうふの深紅おろしにくちびるはだか<br />
 <br />
野球部のフライ聴きつつ屋上でしらすにちりめんじゃこの手繋ぎ<br />
 <br />
惑う僕の口を塞ぐはマシュマロと君のひとさし指の触れ方<br />
 <br />
タクシーを降りばらけゆくかつ丼に上弦の月のあまいほうこう<br />
 <br />
素数なる土曜は多めの白飯と二九三円で越す<br />
 <br />
以上です。今回もよろしくお願いします。
Posted by 地球人 at 2009年04月26日 16:57
ちゃんこ鍋だけじゃ満足できなくて両国辺りでしゃぶしゃぶしてる<br />
<br />
潮時の彼女が作るみそ汁の浅利のなかにピリオドを噛む<br />
<br />
これ以上進めばつらくなる恋のセロファンひねりハッピーターン<br />
<br />
スキヤキの肉に視線が釘づけで上を向けない5人兄弟<br />
<br />
ふりだしに戻るサイコロステーキはミディアムレアな嘘を見抜かれ<br />
<br />
以上5首です。よろしくお願いします。
Posted by ウクレレ at 2009年04月26日 17:37
大福のあざがひろがりいくやうな恐怖をそこの靡かぬ君へ<br />
<br />
チョコレートのギアで組まれた時計臺が融けない緯度に住む人、あなた<br />
<br />
「あの肉」の骨の部分のやうな手でねだるお前は天使ぢやないな<br />
<br />
今年もまた桃を剥く日がおとづれて不埒な夢がくすぶりだした<br />
<br />
葛切りのプールで泳ぐ惡徳をティーンエイジの君にあげよう
Posted by 酒井景二朗 at 2009年04月26日 18:01
3首目間違えてしまいました。脂身→脂肪に改訂させて頂けないでしょうか。本当に申し訳ありません。<br />
<br />
冷しゃぶの脂肪みたいな白目して被害届を出すも加害者
Posted by 空山くも太郎 at 2009年04月26日 18:18
小鳥さんあなた専用綿菓子です 違ったあれは木蓮だった<br />
<br />
芽キャベツが色を忘れて浮いている 違ったあれは木蓮だった<br />
<br />
純白のミニオムライスのあわせ技 違ったあれは木蓮だった<br />
<br />
死神のはやにえか誰のたましいだ? 違ったあれは木蓮だった<br />
<br />
たまねぎは外でむいても散らかすな 違ったあれは木蓮だった(枯れた)
Posted by 日野 寛子 at 2009年04月26日 19:13
もうひとつスプーンつけてくださいな食べたがるから私のぷりん<br />
初めて投稿します。よろしくお願いします
Posted by ちお at 2009年04月26日 19:21
前回、はじめて複数首とっていただきたっぷり自信がついたのですが、今回は全く歌が思い浮かばなかったので元に戻りました。<br />
今回は以下5首です。どうぞよろしくおねがいします。<br />
<br />
フルーチェを二人でわけるスプーンのひかりがすこし夢に似ていた<br />
うさぎにはもうしないでと叫んだ日からすこしづつ生えた毛いくつか<br />
チャーメンとチャーシューメンを呼ぶバイト娘に頼めザーサイラーメン<br />
この部屋は西日がきつい 牛乳のコップの底に崩れるオレオ<br />
におわない納豆などがほしいならAg+でもぶっかけろ
Posted by 柚木 良 at 2009年04月26日 20:52
電話機でポップコーンを調理する未来に着いてしまったぼくら<br />
<br />
牛丼の並をつゆだくネギだくでお願いします肉は入れずに<br />
<br />
ブタ喰わぬ人ウシ喰わぬ人がいてクジラを喰わぬ人もまたあり<br />
<br />
なぜだろう焼きそばだけは父ちゃんが作った方がうまかったなあ<br />
<br />
食べないの、もらっていい?とわが問えば妻の返事は「プリン泥棒!」
Posted by 船山登 at 2009年04月26日 21:48
天上を掠めることなく将軍の口にて鮭の子らは爆ぜたり<br />
<br />
熱々のおでんと交わしたるキスに帽子がくるりと飛びにけるかも<br />
<br />
コンビニのはちみつゆずは割引きの憂き目にあってなおあたたかい<br />
<br />
炊けるだけ炊いたちくわのうちがわに舌先を伸ばすように「……好きです」<br />
<br />
めろんぱんまにあの少女に左から右から斬りきざまれてめろめろ<br />
<br />
-----<br />
以上5首です。よろしくおねがいします。
Posted by 虫武一俊 at 2009年04月26日 22:02
平成が始まった朝二人して泡立てたミルク付けて笑った<br />
<br />
死ぬ前に何が食べたいか問われれば祭礼の晩のお煮染めおこわ<br />
<br />
幸せは尾頭付きの鯛でなくタタミイワシをあぶった風味<br />
<br />
駅そばはひとりで食べます立ち呑みもひとりでいける大人ですから<br />
<br />
ぬか床にキュウリうずめる夜明け前秘密の恋のあきらめ時か<br />
__________<br />
<br />
どうぞよろしくお願いします。
Posted by 山口ヤスヨ at 2009年04月26日 22:23
おにわそと鬼は外って念じつつ齧る混ぜもせぬ納豆<br />
<br />
今晩はビーフシチューよ美輪さんが三島由紀夫に作った風よ<br />
<br />
たんじょうびにじぶんでケーキを買わないと自分で決めた世界のルール<br />
<br />
紙皿に「君も食べな」とバーベキューおそらく雄の乳牛の肉
Posted by そう蛸 at 2009年04月26日 22:23
地下室の跳び箱のなか置きざりにされしは昭和の牛乳パック<br />
<br />
万能の先割れスプーンにつつかれてやんちゃ男子のコッペパン無残<br />
<br />
鯨肉とパイナップルを生臭いメラミン製の食器に盛りぬ<br />
<br />
納豆は誰も食べない給食の献立は町の納豆屋のため<br />
<br />
今週は世界の料理食管を開ければボルシチ赤い液体<br />
<br />
よろしくお願いします
Posted by 憂太郎 at 2009年04月26日 22:27
のびすぎたカップヌードル返信の出来ぬメールを繰り返し読む<br />
<br />
のこされるものは哀しい亡き父がコレクションしたくさやをかじる<br />
<br />
腹立ちをセロリにかえて混ぜあわす野菜ジュースをさあ召し上がれ<br />
<br />
ミルフィーユみたいに重ねてきた時は真冬のカフェでほろほろ崩れ<br />
<br />
放課後に二人で飲んだプラッシー淡い甘さを覚えてますか<br />
<br />
テーブルに離婚届を置いたまま夜が明けるまでシチューを煮込む<br />
<br />
カツ丼をお願いします本当の事をあなたに打ち明けるため<br />
<br />
くっついたセイロの隅の蕎麦のよう私を放っておいてください<br />
<br />
どうしてもわかりあえない事はある、静岡人はイルカを食べる <br />
<br />
とけていくソフトクリーム後ろにも前にも進めぬ僕たちがいる<br />
<br />
迷う事ばかり多くて はじかみはどこまでかじればいいのだろうか<br />
<br />
<br />
よろしくお願いします。
Posted by かんな at 2009年04月26日 22:33
ざっくりとキャベツにナイフ入れる時浮かんだ黒い気持ちに戸惑う<br />
<br />
おっとっとのヒトデは全部あげるから星が微睡むまでそばにいて
Posted by 都季 at 2009年04月26日 23:01
お手数かけてすみません。<br />
改作して以下の3首の投稿とさせてください。<br />
<br />
<br />
「唾液を出してはいけません。さあ、梅干を思い浮かべないでください」<br />
<br />
旧姓で吾を呼ぶ人の食べさせる雪の熱さにひらかれてゆく<br />
<br />
はじめから分かっていたという顔でつみすぎたいちごジャムにしている
Posted by 月下燕 at 2009年04月26日 23:26
新薬臨床試験の帰りに触れてみた食品サンプルひんやりとして
Posted by 骸骨マン at 2009年04月26日 23:34
ゆで上がる白玉だんごをすくいおり負の感情に向き合えぬ子と<br />
<br />
正直に生きればいいよ無塩せきハムをはさんだパンを子に出す<br />
※「無塩せき」…発色剤・着色料などを使用していないもの<br />
<br />
スプリット・タンもつ君を受け入れたあとで分け合う生ウニのパスタ<br />
<br />
もう彼を憎んでいない 棒ぬいたフランクフルトをひなたにて食む<br />
<br />
レジ通過したときニラは香を放つあなたを越えて吾も香りたし<br />
<br />
<br />
よろしくお願いいたします。<br />
今日はわたしの誕生日でした!
Posted by てこな at 2009年04月26日 23:40
うわの空で放置されゐし目玉焼き固き白目を噛みしめる朝<br />
<br />
ガトー・ショコラフォークの先で傷つける甘すぎた夜を葬る儀式
Posted by 穂ノ木芽央 at 2009年04月27日 00:15
笹師範、お疲れ様です!今回もまた遅くなってしまいまして申しわけありませんが、何卒よろしくお願いします!<br />
<br />
1.母さんのいびつな手作りドーナツがぼくの家族の理想形です<br />
2.かなしみの土手は破れてあふれ出すもんじゃは固まらないまま焦げる<br />
3.わたがしの匂いに釣られて集まった浴衣の金魚にぼくが釣られる<br />
4.モスバーガーのミートソースがはみ出してキミが笑ってボクの負けです<br />
5.Perfumeと同じ ひとつを選ぶのはムリさ 3つのスウィートドーナッツ
Posted by 岡本雅哉 at 2009年04月27日 00:50
ナポリタンミートスパしか知らなくて都会の光はまぶしく痛い<br />
<br />
ビール飲み楽しくわらう夢を見て足指の節いたいと感ず<br />
<br />
忘れないきっと一生覚えてる食べたことないポリンキーのうた<br />
<br />
定食の漬物の下隠れてたエビのしっぽはいつからここに<br />
<br />
純米と大吟醸を語り尽きフリーズしては再起動する<br />
<br />
今回も締め切りすぎの投稿になってしまいました。<br />
申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
Posted by あげはた at 2009年04月27日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。