2007年12月20日

「SFとノスタルジー」 by・斉藤真伸

むむむ…。

どうした? なんか気難しい顔して。

いやね、この前愛用の充電式シェーバーのバッテリがいかれたんで、換えのバッテリを買いに電機量販店にいったんだが…。

それで?

そしたら「これ、メーカーさんに出さないとバッテリ交換できないんですよ」って言われた! いくら量販店でも、部品があればこのくらいの交換できるはずなのに!

電機製品って、メーカーに修理に出すとやたら時間かかるよね。

最近の電機製品、昔よりもむしろメンテナンス性下がってないか? 高機能化しているのわかるけど、そのしわよせがユーザーに来るのっておかしくね?

おい、なんかガラにもなく真面目な話になってるぞ!?

SF的イメージというのはおかしいもので、ちょっと古いものはおそろしく陳腐でつまらなく感じてしまうことが多いんですが、時代が一回りも二回りも過ぎてしまいますと、むしろ奇妙な「懐かしさ」を放ち出すようです。
その端的な例が宮崎駿の「天空の城ラピュタ」でしょう。あの作品に出てくるメカニックは、明らかに十九世紀から二十世紀初頭に考えられた「未来のメカ」が下敷きになってますが、たまらなく魅力的です。
笹師範の作品の多くも、一九七〇代から八〇年代にかけての中高生向けSF小説(この当時は「ライトノベル」ではなく「ジュブナイル」と呼ばれていました)、特に学校が舞台になっている作品に対するノスタルジーがベースになってます。

飛んでくるチョークを白い薔薇に変え眠り続ける貴女はレイコ

明け方に時の裂け目を出入りする白い小人を見てはいけない

朝焼けの空き地に何かを埋めている発掘部員の背中小さく


『念力図鑑』より

この時代はジュブナイルSFを原作にしたアイドル映画も多く作られていたことも併せて考えますと、笹短歌についての「読み」もまた変わってくると思います。

さて、今年第五十回短歌研究新人賞を受賞したのは、「六千万個の風鈴」の吉岡太朗さんでした。作品は「短歌研究」誌九月号で読めます。
最近の短歌の新人賞は女性の活躍が目立つのですが、この人は昭和六十一年生まれの男性です。非リアリズム的作品には冷たい最近の歌壇の傾向のなかで、SF的イメージを作品の基調としていることも珍しく感じました。

南海にイルカのおよぐポスターをアンドロイドの警官が踏む

二十個の宇宙に等しい記憶機が打ち捨てられる僕らを容れて

銀色の夕立のなかねむりいるアンドロイドの腕の水滴


選評のなかで選考委員のひとり・穂村弘さんも指摘していましたが、作中に描かれているSF的イメージは決して新しくありません。むしろ古くさいです。「アンドロイド」なんて言葉も、最近のSF小説ではそのまんまじゃ使ってないんじゃないでしょうか。
でも作品からは奇妙な切迫感と奇妙なリアリティ、そして奇妙な「懐かしさ」を感じます。もし自分が作品に使っているSF的イメージの「古さ」に気付いていないだけだとしたらかなり危ういのですが、もしこの「懐かしさ」まで計算していたとしたら、侮れない作者です。

SFに対する短歌からのアプローチの仕方っていろいろあるとは思うんですが、そのなかには「懐かしさ」って要素もあるよってオハナシでした。次回もこの吉岡さんの作品を中心に語っていきたいと思います。

選評のなかで馬場あき子さんが、加藤治郎さんの『マイ・ロマンサー』(平成三年)と比べてどうよ?ってな話もしてるけど…。

『マイ・ロマンサー』は、サイバーパンクSFの元祖・ウイリアム・ギブスンの『ニューロマンサー』を明らかに意識したタイトルだよね。次回はそれについても触れるよ。


posted by www.sasatanka.com at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀歌鑑賞(by・斉藤真伸) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。