2007年05月13日

遅ればせながら1周年記念

おかげさまで「笹短歌ドットコム」も5月8日で1周年を迎えることができました!

だんだん更新回数が減ってきてますが、
まずはめでたいですね。

ありがとう。
最近そのプレッシャーが抜け毛を加速させているようなので、
そういう発言やめようね。

ハイ、すみません。

本当は8日に「総評」をUPして、1周年記念を祝いたかったのですが、間に合いませんでした・・・。

誰も気付かなかったという・・・。

悲しいこと言うのはやめようね。

ハイ、すみません。

みなさんのおかげで1周年を迎えることができて、本当にうれしいです。
最近は、取材をしたり資料を集めたりしないと書けない仕事にとりかかってまして、ますますまとまった時間がとりにくくなっていますが、「総評」なるべく早くがんばります!

今日は、先日行われた穂村弘さんとの講座について書きたいと思います。

前半のフリートークでは、
最近もっぱら話題の
穂村さんが提唱した「イン・アウト論」
(元cocoaこと西巻君サイトのリンク参考)
について突っ込んだ話を聞くことができました。
どうやら僕は穂村さんとともにボーダーを代表する歌人だそうです。

ムズカシイ話がたくさん出てきて、ついていくのが大変でしたが、そんな中で特に印象に残ったのが、岡井隆先生や馬場あき子先生のような超一流の人たちは、ボーダーにいる人たちが大好物で、「君いいねぇ。君いいねぇ。」といってインに引っ張ってこようとするという話。この話は特に説得力がありました。
穂村さんは、そういった現象に「短歌の意思」のようなものを感じるとおっしゃったので、
「それって、幻魔大戦でいうフロイみたいな存在でしょうか。」
と言ったら、会場の一部から笑いが起こりましたが、
あの時笑っていたお姉様方、世代がわかっちゃいましたよ。

どうでもいいよ! そんなことは!

まぁこのBLOGもNHKラジオ「土曜の夜はケータイ短歌」も
ボーダーの歌人にしかできない仕事だと思っているので(小池光さんみたいな例外もいますが)、
その利点を生かして、もうしばらくがんばってみようと思ったのであります。

ぜひがんばってください!

遅ればせながら、同イベントで
穂村さんとともに審査した

「付け句デインジャーNIGHT」
の優秀作品を発表いたします!


第四夜
「よろしく!ゾンビ先生」
膨大な数の投稿作品から
穂村さんが選んだ候補作品5首。

・墓場から出で来しゾンビ先生は九百回めのクラス担任  (南マグロ)

・墓場から出で来しゾンビ先生の現国授業は旧かなづかい (佐田やよい)

・墓場から出で来しゾンビ先生に十字架かざす帰国子女アヤ (かんちゃん)

・墓場から出で来しゾンビ先生がリスカ少女に微笑みかける  (ひえだ)

・墓場から出で来しゾンビ先生がドッジボールで生き残る夏 (松本響)


その中から穂村さんが選んだ「最終候補作品」はコチラ。

・墓場から出で来しゾンビ先生がドッジボールで生き残る夏 (松本響)


膨大な数の投稿作品から
笹公人が選んだ候補作品5首。

・墓場から出で来しゾンビ先生のプロフィールには享年の文字 (あきえもん)

・墓場から出で来しゾンビ先生が赤ちょうちんでくだを巻く夜 (あきえもん)

・墓場から出で来しゾンビ先生の臓器提供カードは白紙 (つたっぺ)

・墓場から出で来しゾンビ先生を戒名で呼ぶ教頭先生 (あきえもん)

・墓場から出で来しゾンビ先生が中也の「骨」の朗読をする  (宴)


その中から笹公人が選んだ最終候補作品はコチラ。

・墓場から出で来しゾンビ先生のプロフィールには享年の文字  (あきえもん)

最終候補作品同士の一騎打ちは、
会場の挙手により決着をつけることとなり、


・墓場から出で来しゾンビ先生のプロフィールには享年の文字 (あきえもん)

が大賞に決定しました!

あきえもんさん、おめでとうございます!

★賞品★
見てのお楽しみのおもしろセット
(段ボールでお送りします)

そして、

第五夜
「最後の朝礼」

たくさんの投稿作品から
穂村さんが選んだ候補作品3首。

・校長の無心念仏 屋上から飛び降りた女子空中浮遊  (かんちゃん)

・校長の無心念佛 聽いてゐる全身青い二宮尊徳 (酒井景二郎)

・校長の無心念仏 貧血の少女集まり人文字となる  (松本響)


その中から穂村さんが選んだ「最終候補作品」はコチラ。


・校長の無心念仏 貧血の少女集まり人文字となる  (松本響)


たくさんの投稿作品から
笹公人が選んだ候補作品3首。


・校長の無心念仏 ブラウスの女生徒襲う突然の雨  (JIJI)

・校長の無心念佛 校庭が割れて現はるる異形の菩薩  (酒井景二郎)

・校長の無心念仏 学舎に憑きし怨霊遂に鎮めたり (かんちゃん)


その中から笹公人が選んだ最終候補作品はコチラ。


・校長の無心念佛 校庭が割れて現はるる異形の菩薩 (酒井景二郎)


会場の挙手により、
大賞は、

・校長の無心念仏 貧血の少女集まり人文字となる  (松本響)

に決定しました!

松本さん、おめでとうございます!


★賞品★
『納豆の大ドンブリ』(穂村弘・編 寺門孝之・絵)
提供:岩崎書店さま


プリントに並べた歌を交互に選んでいったのですが、
穂村さんと僕が良いと思う歌はほとんど一致していました。
もちろんダメだと思う歌も。
きっと、ほかのプロの歌人が選歌をしたとしても似たような結果になったでしょう。

結局、短歌のプロとアマの違いは、
良い歌とダメな歌の判別ができるかどうか、
しっかりとした選歌基準を持っているかどうかに尽きると思います。
その基準がわからなければ、自作の推敲さえできないのですから。

「笹短歌ドットコム」の総評に載るまで
毎回膨大な数の歌が落とされていますが、
みなさんには、載った歌よりも
むしろ落とされた歌に注目してほしいと思います。
そこには無言の批評がこめられているからです。
載った歌と載らなかった歌の違いをよく考えて頂きたい。
次回の「序文」で、それについて詳しく書こうと思っていますが、ダメだと思う歌にいちいちここがダメだと指摘していたら、
時間的にBLOGの運営はできなくなってしまいます。

だからこそ、僕の講座にはなるべく参加して頂きたいと思っています。
なぜなら、講座には作品批評の時間がたっぷりあって、
受講者の歌の、どこが良くてどこがダメなのかを徹底的に解説できるからです。
講座を受講した人が飛躍的に伸びる傾向があるのは、
きっとそこで何かをつかむからでしょう。

ということで、

朝日カルチャーセンター講座
「念力短歌のつくり方」
鑑賞と実作 笹  公人 
5/26、 6/9
土 18:30〜20:00

受講者募集中です!
ぜひご参加ください!
今回は秀歌鑑賞にも力を入れます。

よろしく哀愁☆


posted by www.sasatanka.com at 03:00| Comment(7) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログの記念日は、笹師範のバースディの二ヶ月前と覚えましょう!<br />
一周年、お疲れ様です!!いつもお忙しい中の更新ありがとうございます。<br />
前回の講座の候補に私の歌を見つけて感動しております。ありがとうございます。<br />
実際、何故これが選ばれて他がダメなのか、さっぱり分かってない状態なので、あぁ、それが自分の弱いところだ、とは分かっているのですが、道のりは長そうです。<br />
<br />
「拝啓 リア・ディゾン様」<br />
歌詞が読みたいです!!リア・ディゾンちゃん、可愛いです。<br />
私もあれだけ可愛かったら・・・と妄想中です。
Posted by あきえもん at 2007年05月13日 06:33
恥づかし乍ら、このところの僕は、使命をすつかり忘却してをりました。<br />
長文の更新お疲れ樣です。評價の自己基準があやふやな今日、せめていろいろな短歌を讀まなければダメだらう、と思つてゐますが、無手勝流では自づから限界があるかも?いつの日か、金錢と立場の問題をクリアし、講座におうかがひ出來ればよいのですが。<br />
<br />
はなはだしく多忙な中、ライブにも出演されるとは!しかし、時代の流れはやはりリア・ディゾンさんなんですかね?僕は今日も、橋本甜歌りんのことを思つて日が暮れる譯ですけど。
Posted by 酒井景二郎 at 2007年05月13日 22:20
1周年おめでとうございます。つい最近まで笹師範のことさえまったく知らなかった新参者であり、ミクシィコミュの付け句イベントがおもしろそうだと思って参加しただけの未熟者でありながら、第五夜の候補作品に選ばれていたことに驚いております。もっとも第五夜は応募期間が短く、御題も難しかったので、応募作品自体が少なかったのですが(笑)<br />
<br />
しっかりした選歌基準をもっているかどうか・・・、その基準がわからなければ、自作の推敲さえできない・・・、なるほどなぁ、と思うとともに、そこへ至るにはまだまだだと痛感しました。時間とお金が許せば、講座を受講したいのですが、簡単には東京へは行けません。。。<br />
<br />
リア・ディゾンちゃん、いい女ですね。宇宙ヤングのライブも聴いてみたいです。
Posted by JIJI at 2007年05月14日 00:31
「笹短歌ドットコム」一周年おめでとうございます!<br />
笹さまのひとつひとつのメッセージを大切に、これからも<br />
多くを学ばせて頂きたいと思っています。<br />
「付け句デインジャーNIGHT」有難うございました!<br />
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。<br />
「拝啓 リア・ディゾン様」なんだかとても踊れそうな予感。
Posted by 松本響 at 2007年05月14日 13:42
遅くなりましたが一周年おめでとうございます。<br />
<br />
なかなか講座に足を運べずで、悔しいかぎりです…。<br />
毎回、みなさんの投稿歌を読んで、<br />
自分なりに選歌しています。こっそりと。<br />
でもやっぱりまだまだなのです。<br />
選歌基準。身に着けたいと思います。<br />
これからもよろしくお願いします。<br />
<br />
追伸<br />
リア・ディゾンは、ウワサによると、レッチリや<br />
ニルヴァーナがお好きだそうですね(どうでもいい情報)。
Posted by 嶋田電気 at 2007年05月14日 20:18
遅ればせながら、1周年おめでとうございます。<br />
<br />
この一年間、貴重な機会を頂き切磋琢磨を繰り返してきましたが、まだまだ下手な鉄砲を乱射する毎日です。たまに自分に流れ弾が当たってイタい思いをしますが、最近は弾を撃つことすらままならない状況です。心を入れ替えてがんばります。<br />
<br />
師範もお体にお気をつけてますますのご活躍をなされますよう。最後に、貴重なこの場が末永く続きますように、そしてリア・ディゾンのきわどいビデオがyoutubeから削除されませんように、心からお祈り申し上げます(特に後者)。
Posted by 岡本雅哉 at 2007年05月16日 16:33
>あきえもん様<br />
ありがとうございます!<br />
誕生日というのもありますが、「8」という数字が好きです。<br />
リア・ディゾンはふつうに好きですが、今回の曲では「黒船」の暗喩として使っています。<br />
<br />
>酒井景二郎さま<br />
ありがとうございます!<br />
リア・ディゾン様はほとんど外人ですよね。<br />
もうちょっと日本人色があるほうが好みです。<br />
<br />
>JIJI様<br />
ありがとうございます!<br />
候補になった作品、「さすがの猿飛」の神風の術を彷彿とさせます。<br />
ちなみにアニメ「さすがの猿飛」のエンディング曲「恋のB級アクション」を、宇宙ヤングでカバーしたことがあります。名曲です。<br />
<br />
>松本響さま<br />
ありがとうございます!<br />
「拝啓 リア・ディゾン様」は、インド風ディスコテクノになりそうです。<br />
よろしくお願いいたします。<br />
<br />
>嶋田電気さま<br />
ありがとうございます!<br />
リア・ディゾン大人気ですね。<br />
たしかにリアル・メーテルかも。<br />
<br />
>岡本雅哉さま<br />
ありがとうございます!<br />
youtubeで毎回検索するのは「スターボー」です。<br />
先日、夜ヒット出演の完全版がUPされていて、感動しました。
Posted by 笹師範 at 2007年05月19日 03:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。