2010年08月27日

お題発表 「虫」

どうも!
まだまだ暑いですね。
まずは、最近あったどうでもニシティ(どうでもいいシンクロニシティ)の話を。

待ってました!

『連句遊戯』の表紙の版画を
カブトムシ(メス)だと思いこんでて、
周囲の人にもそう説明してたんだけど、
そんなある日、近所を歩いていたら
カブトムシのメスが道端を歩いてたんだよ。

ほう!
そりゃ縁起がいいですね!

var_20100827040000.jpg


でしょ!
で、「これは神の使いや!」とか思って、
捕まえて飼うことにしたんだけど、
twitterにもその話を書き込んで
興奮してたんだよ。

はい。

そしたらその数日後に、
昆虫博士でもある柳瀬博一さん(日経BP)から
『連句遊戯』の装丁について、
「スカラベ(フンコロガシ)が可愛い!」
と言われて、
はじめてあれがスカラベであることに気づいたんだよね……。

ダメじゃないですか!
連句にスカラベの句が出てくるから、そのオマージュですよ。

いやぁ恥をかきましたよ。
いろんな人にしたり顔で説明してたからね。
鶴太屋さんにも突っ込まれたけど。

でも、こう見るとたしかに似てますね〜。

でしょ!
野口英世と加藤芳郎くらい似てるでしょ?

喩えが古いです。

BEGINの「恋しくて」と
松田聖子の「スウィート・メモリーズ」の出だしくらい似てるでしょ?

わかりますけど、
曲はやめましょうよ。

鉄門海上人の即身仏と
真如海上人の即身仏くらい似てるでしょ?

素人には見分けつかねえよ!
逆に見分けつく奴は、どんな即身仏マニアだよ!

即身仏ブームにあやかりまして……。

ブームじゃねえし。


こういう事態になるだろうとは予測してたけどね。
2年前の作品にこんなのがあるけど。


ゴミ屋敷のゴミの隙間から立ちのぼるひかりの底に座(いま)す重千代 (笹 公人)


遊星ハグルマ装置「とんちの国」2008年7月発表より

予言短歌ですね。

で、今回の「お題」は流れからいって
当然こうなります。


即身仏


じゃなくて、





です!!

____________________


 <笹公人師範による模範短歌>



まるまると太ったヤブ蚊飛んできてガダルカナルからきたと囁く


指切りの指のほどけるつかのまに約束蜂の針がきらめく


土産屋の少女としばし見つめたる海をふちどる夜光虫の灯


カブト虫の幼虫底に沈ませたマサイコーヒーお替わり自由


軒下で裸電球呑みくだすナショナルオオミミズをこのごろ見ない



_____________________


短歌ができたら、
この記事のコメント欄から投稿して下さい。
※投稿の際にはメールアドレスをお忘れなく。
記入が無いと優秀作に選ばれても賞品をお送り出来ない場合があります。
(メールアドレスはブログページには反映されませんので、安心して記入して下さい。)

では、もう一度基本的なことを確認してみましょう。

【笹流の理想短歌基準】

単なる説明に終わっていたり、当たり前の発想のものは、
人を感動させるどころか印象にさえ残りません。
表現に工夫をしましょう。そして、心を込めましょう。
読んだ時に心にジーンとくるようなものが詩であり、良い「短歌」です。

迷った時は、この
「チェック表」
を参考にしてみてください。

書けなくて困った時は、
「短歌の型」についての記事
を読んでみてください。

_________________


投稿数は、1人につき5首までとさせて頂きます。

締め切りは、

9月12日(日)いっぱいまでとさせて頂きます。

__________________


夏っぽいお題ですね!

もう終わりかけてるけどね。
蝶・虫籠・昆虫図鑑・蚊取り線香・虫けら・ゴキブリ・蟯虫検査・サナダムシ・etc……
ほんとに山ほどあるので、楽しく作ってみてください!

後半のワード汚いです!


ということで、おもしろい歌を期待してます!

よろしく哀愁☆


posted by www.sasatanka.com at 03:44| Comment(94) | TrackBack(0) | 「お題」発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする