2010年07月08日

お題発表 「電話」

sasa-7.gif笹師範です!

和田誠さんとの共著『連句遊戯』(白水社)
が、7月13日(火)に発売となります!

var_20100708132024.jpg
和田さんによる著者自装は、流石のひと言です。

和田さんのような「神様」と共著を出せるなんて、本当に夢のような話です。
一時は出版をあきらめかけていたのですが、5年がかりでついに出版されるはこびとなりました。
すべて和田さんのおかげですが。

本の中身もおもしろいと思います!!
よろしくお願いいたします!

AMAZONから注文


昨日は、 長谷川明子さんの2ndシングル「Sunrise!」
が発売されました。

var_20100708132038.jpg
このCDのカップリング曲
「2100年の東京タワー」
(作詞:笹 公人 作曲・編曲:HIDE−AKI)
を、宇宙ヤングでプロデュースさせていただきました。

長谷川さんのインタビュー もご覧ください。

では、「お題」の発表にまいります!!

お題は、


電話


です!!

___________________


 <笹公人師範による模範短歌>


あの夏の心霊事件なつかしく赤電話のみ大きく残る


赤電話に叫ぶ女の残像が浮かんだ雨の日本海です


赤電話に十円玉の落ちる音おぼえてますか金木犀よ


ケイタイに甘い囁き残されてアコムの前に立ち尽くす兄


電話帳ちぎるレスラー思いつつおまえの手紙を破っているぞ


白銀(しろがね)の霊界電話の受話器から鹿鳴館の華やぎ漏れる



 アメリカ横断ウルトラクイズ

朝焼けの公衆電話の列の果て自由の女神が見えた気がした



_____________________


短歌ができたら、
この記事のコメント欄から投稿して下さい。
※投稿の際にはメールアドレスをお忘れなく。
記入が無いと優秀作に選ばれても賞品をお送り出来ない場合があります。
(メールアドレスはブログページには反映されませんので、安心して記入して下さい。)

では、もう一度基本的なことを確認してみましょう。

【笹流の理想短歌基準】

単なる説明に終わっていたり、当たり前の発想のものは、
人を感動させるどころか印象にさえ残りません。
表現に工夫をしましょう。そして、心を込めましょう。
読んだ時に心にジーンとくるようなものが詩であり、良い「短歌」です。

迷った時は、この
「チェック表」
を参考にしてみてください。

書けなくて困った時は、
「短歌の型」についての記事
を読んでみてください。

_________________


投稿数は、1人につき5首までとさせて頂きます。

締め切りは、

7月25日(日)いっぱいまでとさせて頂きます。

__________________


ケータイ(携帯電話)でも黒電話でも赤電話でも糸でんわでも電話と名のつくものであれば何でもOKです!
携帯メールはNGです。
ひさしぶりの「お題」、腕試しのつもりで投稿してみてください!

ケータイといえば、
ケータイ短歌に出演します!

7月18日(日)20時〜

NHKラジオ第1
「夜はぷちぷちケータイ短歌」

ゲスト:中鉢明子さん 歌人:笹 公人

7月のテーマは、「禁」
(7月23日正午 締め切り!)

7月18日の企画は、「焼き肉」
(7月16日正午 締め切り!)

ぜひお聴きください!

おもしろい歌を待ってます!
よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 12:59| Comment(87) | TrackBack(0) | 「お題」発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

「UFO・宇宙人」 入選作品発表!!

こんばんは!
凄い湿気ですね。
ペットショップのトイプードルたちもさぞや湿っていることでしょう。

おっ、ポエティックなアプローチ。

ポニーテールもシュシュも湿っていることでしょう。

AKBの新曲か! で、シュシュって何ですか……?

俺も知らん。
えー、今回から
「最優秀作品」「優秀作品」という言い方をやめて、
「特選」「秀逸」に変えます。
短歌Blogがスタートした時点からそうなっていたので、変えずにきたのですが、
かねてから、最優秀作品という言葉には違和感を覚えていたので、
4周年(J-WAVE時代から数えると5周年)を機に
おもいきって変えさせて頂きます。
タイトル表記も「入選作品発表」といたします。

了解しました!

では、「UFO・宇宙人」の入選作品発表にまいります!!

BGM:「TOKYOベイブルース / スターボー」

_________________


特選


56億7千万年待っている ミロク星人の過ぎし面影
【メカパンダ】

上の句のモノローグは、
民衆の声ともミロク星人(おそらく弥勒菩薩)の声ともとれます。
下の句は、「過ぎし日の面影」という意味で、
「日の」を省略しているのでしょう。
ミロク星人の顔を想像する楽しみも残された歌です。
いろいろ深読みを誘うところもいいと思いました。

初投稿でいきなり「特選」をかっさらっていった
メカパンダさんでした。

ぜひこれからも投稿を続けてください!


★賞品★

「笹短歌色紙」1点
(書く歌は、リクエストにお答えします。もちろん直筆(かなり下手)です。)

7月7日発売の
長谷川明子さんの2ndシングル「Sunrise!(サンライズ)」
※カップリング曲
「2100年の東京タワー」(作詞:笹 公人 作曲・編曲:HIDE-AKI)
を、宇宙ヤングのコンビでプロデュースさせて頂きました。


__________________


秀逸


UFOにも流行ありて買い替えは宇宙人の妻財布を握る
【田中落下傘】

どこの惑星でもお父さんは大変なんだな、
と妙に納得させられました。


_______________


佳作


4歳の夏に飛ばした風船を返してくれた金色のひと
【小野伊都子】

大駱駝艦の人だったら嫌だよね。



砂浜に字をかくように大きなる指がえがいたナスカの地上絵
【みうらしんじ】

巨人みたいな宇宙人もいるかもしれないです。



UFOが表紙のムーと週プロを読んでた叔父はフリーライター
【高橋徹平】

こういうおっさんいると思う。




UFOが迎えに来れば老人は進んで乗って社会貢献
【おはぎ】

70代のおはぎさんが詠むからこそ
感動を呼ぶ歌です。



ミステリーサークル作り20年朝露濡れる葦の香りよ
【魚男】

「朝露に濡れる」にしたほうがいいです。
あと、ミステリーサークルといえば、
「葦」というより「麦」だと思います。


______________________
______________________


次の「お題」もお楽しみに!!

よろしく哀愁☆
posted by www.sasatanka.com at 00:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 入選作品発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。