2010年03月28日

お題発表 「神」

どうも、晴れのちBLUE BOYです。

ジュリー(沢田研二)か!

そんな晴れのちBLUE BOYからの
お知らせです。

現代歌人協会の公開講座に出演します!

第2回 5月12日(水) アナログ世代 vs デジタル世代
    パネリスト:小高 賢 、道浦母都子 vs 笹 公人、石川美南
    司会:穂村 弘

各回、同じ会場、同じ時間、水曜日です。
会 場: 神田一ツ橋・学士会館        
     地下鉄神保町下車0分                 
日 時: 各回、午後6時〜8時  
聴講料: 6回通し=6000円、1回=1500円

毎回すぐにチケットが売り切れるそうなので、
早めにお知らせしておきます。
ほかの回もおもしろそうです。

デジタル世代代表ですか?

僕自身はアナログ人間なんだけどね……。
パソコン苦手だし。
デジタル認定されたからには
デジタルボーイの格好で臨むかもしれません。
(入場曲は「Romanticが止まらない」)

出たっ!
デジタルボーイ!

ということで、
お題の発表にまいります!!

今回のお題は、



です!!

___________________


<笹公人師範による模範短歌>


神木に登りし兄を見つめいる村人たちの農具光れり


中央線に揺られる少女の精神外傷(トラウマ)をバターのように溶かせ夕焼け


神棚に祀る写真のアイドルの穢れを知れば写真燃やしたり


 アメリカ横断ウルトラクイズ

朝焼けの公衆電話の列の果て自由の女神が見えた気がした


待ってるぜ 皆神山の真二つに割れてUFO湧き出ずる夜を


__________________


短歌ができたら、
この記事のコメント欄から投稿して下さい。
※投稿の際にはメールアドレスをお忘れなく。
記入が無いと優秀作に選ばれても賞品をお送り出来ない場合があります。
(メールアドレスはブログページには反映されませんので、安心して記入して下さい。)

では、もう一度基本的なことを確認してみましょう。

【笹流の理想短歌基準】

単なる説明に終わっていたり、当たり前の発想のものは、
人を感動させるどころか印象にさえ残りません。
表現に工夫をしましょう。そして、心を込めましょう。
読んだ時に心にジーンとくるようなものが詩であり、良い「短歌」です。

迷った時は、この
「チェック表」
を参考にしてみてください。

書けなくて困った時は、
「短歌の型」についての記事
を読んでみてください。

_________________


投稿数は1人につき5首までとさせて頂きます。

締め切りは、

4月11日(日)いっぱいまでとさせて頂きます。

__________________


「神」という文字が入っていればなんでもOKです。
「ゼウス」「スサノオ」など神話に出てくる
神の名前を詠みこんだ歌でもOKです。
ただ、自分にとっての神様だから「YAZAWA」を詠むとか、
新興宗教の教祖の名前とかはNGとさせて頂きます。

ある意味危険な「お題」といえそうですね。

そうだね。
では、おもしろい歌を楽しみにしてます!!

よろしく哀愁☆


posted by www.sasatanka.com at 23:37| Comment(84) | TrackBack(0) | 「お題」発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする